nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1472 多元宇宙ストリップクラブ
SafeSCP-1472 多元宇宙ストリップクラブRate: 217
SCP-1472
scp1472.jpg

非活性時のSCP-1472入口の写真。

アイテム番号: SCP-1472

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1472の周囲の境界線には、高さ3mのチェーンリンクプライバシーフェンスが張られる予定です。工事看板は、公共からの疑惑を防止するため、境界線フェンスの全ての側面に設置します。機動部隊ι-6(別名:ハードノック)が、都市に適応した装いで常に駐留し、SCP-1472の周囲四分円を不法侵入者から保護しています。Dクラス資源を含む全ての試験では、レベル3の承認が必要です。試験にかかわる全てのDランク職員は、その後ポリグラフを介して尋問されます。

説明: SCP-1472は、アメリカのイリノイ州、イーストセントルイスの████通りと██████通りの角に位置する、明色で塗られたレンガ造りの平屋の建物です。建物の外装の状態は悪いですが、安定しています。1978年に今は存在しない██████████株式会社によって建設されたと、都市記録に残っています。2001年にSCP-1472の異常な活動が始まって以降、SCP-1472は隔離されています。SCP-1472は、建物の西側にだけ、進入可能な入り口があります。非アクティブ時に進入すると、SCP-1472は完全に空っぽとなっています。

SCP-1472は毎週土曜の午前2:00に活動を開始します。アクティブ時には、SCP-1472から太った男性が出てくると、入り口の前に看板を設置します。1つの看板は、イベントの予定がリストされており、入り口の前に、直接アスファルトの上におかれます。もうひとつの大きな看板は、建物の壁に直接設置してあり、装飾的なネオン照明が点灯されます。

EXOTIC GIRLS
or equivalent

アクティブになっている最中、SCP-1472-1は、入場しようとする全ての人間に大して、██ドルのテーブルチャージ料の支払いを主張します。また、一度中に入ったら場内の撮影やビデオ録画は禁止されることを忠告します。ショーの内容は毎晩異なりますが、公演はいつも午前2:00から午前3:30までの範囲で催されます。公演中、入り口/出口は最後のショーが終了するまで鍵がかけられたままになります。けが人や死傷者が、ショーの内容に応じて発生しています。参加者には、心的外傷が残ることが観察されています。

2013年1月12日SCP-1472のテストログ

前文: 3人のDクラス被験者は、2013年1月12日のテストのために承認される。Dクラス被験者は、サイトに輸送され、SCP-1472の入り口で待機するよう命じられる。Dクラス被験者はノートを持たされ、内部での出来事は全てレポートに取るように命じられる。以下は、テスト前にSCP-1472の外に張られていたイベントのスケジュールである:

ショーの予定:
2:00 - 2:10: 入場
2:10 - 2:15: The Khünbish Sisters
2:15 - 2:20: ヘレン・ケラー
2:20 - 2:30: ファンタスティック・ジッピーと調教師
2:30 - 2:35: [歯形と爪あと]
2:35 - 2:40: 休憩
2:40 - 2:41: erotic_performance.exe
2:41 - 2:45: 肉欲長老会議
2:45 - 3:20: シリアルナンバー223244-09-P
3:20 - 3:30: [判読不能の楔形文字]

DクラスID: D-3432 / D-6744 / D-9908

午前1時50分: Dクラス被験者たちは、輸送車から降ろされると、SCP-1472の入り口に近づくように命じられた。それぞれに5ドル札で100ドルを与えられた。Dクラス被験者たちは、一度内部でその紙幣を費やすことを推奨されている。

午後1時55分: SCP-1472-1が入り口から看板を持って現れる。SCP-1472-1は看板を入り口の周囲に設置。Dクラス被験者たちとSCP-1472-1は互いに会話をしなかった。

午後2時00分: SCP-1472-1がSCP-1472への入場を許可する。SCP-1472-1はDクラス被験者たちにテーブルチャージ料として██ドルを請求。Dクラス被験者たちはSCP-1472への入場と引き換えに、チャージ料を支払った。

午後2時03分: 全てのDクラス被験者たちが、SCP-1472の内部へと入った。Dクラス担当者たちは、内装の状態は最高だった、と報告している。内装には、毛足の長いカーペット、鏡張りの壁、天井から吊り下げられたミラーボールが一つ、ステージのほとんどを覆う厚い生地のカーテン、そして部屋の中央には天井から下まで伸びた一本の真鍮のポールが備わっている。コンフォートシートは最大30人が座れるように配置されている。

午前2時10分 - 午前2時15分(The Khünbish Sisters): カーテンが開くと、丸太の上に座る2人の裸の女性があらわになった。女性はアジア系の双子に思われる。開演中、彼女らは互いにマッサージをしながら、伝統的なトゥバ喉歌を歌っていた。D-3432およびD-9908は、女性を止めるように促し、ステージに10ドルを支払うと彼女たちはより速い歌を歌いだした。ショーが終わると、カーテンは閉じた。

午前2時15分 - 午前2時20分(ヘレン・ケラー): カーテンが開くと、20代半ばのころのヘレン・ケラーとそっくりな女性があらわになった。女性は、一般的なラスベガスのショーガールの衣装を着て、ステージ上でダンスを踊りながら、服を脱ぎ始めます。D-3432、D-6744およびD-9908は各々がステージに10ドルづつ支払った。これは、数秒の間詩を暗誦するために、ダンスを中断することを彼女に促した。D-6744は同じ結果に、ステージ上にさらに5ドルを支払った。ショーが終わると、カーテンは閉じた。

午前2時20分 - 午前2時30分(ファンタスティック・ジッピーと調教師): カーテンが開かれると、金属製の椅子に座っているオランウータンと、壊死性筋膜炎の進行した、頭の無い裸の女性があらわになった。頭が無いにもかかわらず、女性は正常に機能していた。それから、オランウータンは、直接声で命令を女性に出し、女性はそれに反応しポールダンスを披露しました。D-3432は、女性の隣の床に5ドルを支払った。女性は露出した気管で直接5ドル札を押すことで、それに答えた。オランウータンはその後、ステージに戻るように女性に命じた。ショーが終わると、カーテンは閉じた。

午前2時30分 - 午前2時35分[歯形と爪あと]: カーテンはが開かれると、4匹の捕食性の二足歩行爬虫類があわらになった。Dクラス被験者たちの記述に基づくと、その爬虫類はヴェロキラプトル属に属していると思われる。それぞれに調整された日本風メイドコスプレ衣装を着ていた。爬虫類は非常に積極的に、ステージからD-9908へ接近し始めた。爬虫類が落ち着きそうな紙幣の全てを、D-9088は渡した。爬虫類はD-3432の方へ注意を移した。D-3432も同じように彼の持ち金を全額渡した。その後、4匹の爬虫類全ては、SCP-1472-1の命令でステージに戻ると、カーテンは閉じた。D-6744は、ほかのDクラス被験者と彼の所持金の残りを分割した。

午前2時35分 - 午前2時40分 休憩: この間特に事象は報告されていない。

午前2時40分 - 午前2時41分(erotic_performance.exe): カーテンが開かれると、ゲートウェイ2000製のコンピューターと、Fenestra98のOSを映しているモニターがあらわになった。ディスプレイが立ち上がると、そのデスクトップ上にあるプログラムを開いた。コンピューターは、その後20秒間の間、すばやく多くの微分方程式や彼らそれぞれの3Dグラフィックを列挙し続けた。プログラム終了後、モニターは"INSERT"と書かれたスクリーンセーバーを表示。D-6744およびD-3432は、フロッピーディスクドライブに5ドルを挿入。ショーが終わると、カーテンは閉じた。

午前2時41分 - 午前2時45分(肉欲長老評議会): カーテンが開かれると、浮遊する16の物体があらわになった。各物体は、膜状の組織で満たされたゼラチン状の塊として登場。次に物体は、Dクラス被験者たちの心にテレパシーを通して投影をはじめる。Dクラス被験者たちは、偏頭痛や急性耳鳴り、強烈な物理的感覚を思考に投影された、と報告している。ステージに支払いはされなかった。ショーが終わると、カーテンは閉じた。

午前2時45分 - 午前3時20分(シリアルナンバー223244-09-P): カーテンが開かれると、機械的な人間の両足がその場で起動している姿があらわになった。装置は、ステージ左側に位置する内燃機関発電機によって供給されていた。SCP-1472-1は漏斗で発電機に何かの物質を注いでいた。Dクラス被験者たちの外観及び臭気の記述に基づくに、この物質はおそらく生の龍涎香1だと思われる。15分後、D-9908はステージ上で5ドル支払った。その後装置は、伝統的なアイルランドのステップダンスを披露しはじめた。SCP-1472-1は次に、未知の種のカブトムシをプラスチックトレイいっぱいに持ってくると、それらの上に装置をおいた。この装置はSCP-1472-1が定期的にトレイと補充を交換しながら、ショーの時間中踊り続けた。パフォーマンスによって生成された臭いは、吐き気を過度に催す事が報告された。ショーが終わると、カーテンは閉じた。

午前3時20分 - 午前3時30分[判読不明な楔形文字]: カーテンが開かれると、小さいマワシを締めたSCP-1093が、華やかな石の刃を持ってあらわになった。そのすぐ後、SCP-1093はD-3432に向かって突進。短時間の口論の後、SCP-1093はD-3432に無意識に陥れ、ステージに向かって彼の体を動かし始めました。Dクラス被験者たちの報告に基づくと、SCP-1093はその後、人間を犠牲に捧げる儀式を行いはじめた。D-6744はD-3432を救出しようとするが、SCP-1472-1に止められ、『ダンサー』に触れることは許さない、と警告される。SCP-1093はステージから彼らを追い出す前に、D-3432から大きい順にすべての主要な臓器を取り除き始めた。ショーが終わると、カーテンは閉じた。

注: 財団の記録では、SCP-1093はこの期間中、封じ込めユニットに確保されていたことが確認されている。これは、SCP-1093に物理的に同一であるが極めて暴力的な存在であることを示している。また、ショーが終わってD-6744とD-9908が中度の放射能中毒から生き残った事から、そのパフォーマンスの最中にSCP-1093は、通常の放射性物質の4%を放出していると考えられる。

午前3時32分: SCP-1472-1が生き残ったDクラス被験者をSCP-1472の外にどかし、大きな葉巻を吸って外に立っているのを観察した。D-6744及びD-9908は、確保され診療所へと連れて行かれた。SCP-1472-1はその後、看板を撤去し、SCP-1472に戻るところが観察された。D-3432の遺体は回収されていない。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 23 Dec 2015 22:41
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website