nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-008-FR 蝋サンショウウオ
SafeSCP-008-FR 蝋サンショウウオRate: 13
SCP-008-FR

アイテム番号: SCP-008-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-008-FRは1m3のガラス容器に入れ、冷却システムで摂氏5度を保つ水に沈めた状態を維持します。この容器はクラス3防火システムを備えたサイト-64 遺物保管エリアの金庫#39235に収容します。

SCP-008-FR関連の実験は完全な耐火環境で実施しなければいけません。SCP-008-FRの利用はレベル3以上の職員から承認、監督されなければいけません。

SCP-008-FR関連実験に携わる職員は、3ヶ月ごとに放火癖の有無を検査する必要があります。

説明: SCP-008-FRは直径7cm、長さ35cmの竹細工の筒です。容器としての使用を意図して内部がくり抜かれ、両端が封印されています。摩耗の痕跡が内部に発見されており、くり抜きに燧石の刃が用いられたことを示唆しています。焼き絵加工による幾何学的な装飾が表面に認められます。SCP-008-FRに使用されている木材は17世紀のものです。

SCP-008-FRには約1リットルの黒い蝋が封入されています。分析の結果、蝋は以下の物質で構成されていると判明しました。

  • 地中海盆地のセイヨウミツバチ(Apis mellifera)由来の蜜蝋、65%
  • パラフィンワックス、14%
  • ホホバ(Simmondsia chinensis)の蝋、11%
  • ウルシ(Rhus verniciflua)の蝋、7%
  • ヒトの耳垢、3%

未知の理由により、SCP-008-FRに封入されている蝋は常に液状であり、周辺温度とは無関係に摂氏約65度を保っています。何らかの物体表面や容器内部に注がれる時、SCP-008-FRの蝋は凝固してSCP-008-FR-01と呼称される実体になり、活動状態に入ります。

SCP-008-FR-01は液状の蝋から成る実体であり、物理的には大型のアルプスサラマンダー(Salamandra atra)に類似します。SCP-008-FR-01の体長は17cmから25cmの間で変動します。SCP-008-FR-01は移動する際に時折、周囲に小さな蝋の滴を撒き散らします。これらの滴は自律した活動が可能らしく、SCP-008-FR-01に向かって移動し、本体との再統合を試みます。このため、SCP-008-FR-01から採取されたサンプルも同様に振る舞います。

SCP-008-FR-01よりも大きな哺乳類が周囲20m以内に存在する時、SCP-008-FR-01はその生物に接近し、四肢のうち1本への“融合”を試みます。

まず最初に、SCP-008-FR-01は対象の四肢の1本に走り寄り/飛び付き、未知のプロセスによって唐突に自らの体内温度を沸点まで上昇させます(初期の実験では摂氏118度を記録)。SCP-008-FR-01はその後、サンショウウオの形状を崩し、問題の体肢を沸騰する蝋で厚く被覆します。

SCP-008-FR-01と接触した対象者の表皮上層が燃焼または融解すると、SCP-008-FR-01は“融合”の過程で負傷した体肢の活動を大まかに制御できるようになり、対象を強引に裸火に近付けようと — 対象が人間の場合は、他の体肢や、場合によっては全身に放火しようと — します。SCP-008-FR-01が対象から自発的に分離するのは、このようにして点火された炎が完全に消えた時のみです。この後、SCP-008-FR-01はSCP-008-FRの中に戻って再び不活性状態になります。

SCP-008-FR-01は俗に“蝋燭効果”と呼ばれる現象を起こし、炎上して溶けた肉の一部を“摂食”していると想定されています。この仮説は、SCP-008-FR-01が焼死した対象から分離してSCP-008-FRに戻ろうとする時のみ、地面に油脂の痕を残すことが判明した後に提唱されました。

SCP-008-FR-01は疎水性の蝋で構成されているため、あらゆる水源との接触を避けます。SCP-008-FR-01を融合プロセスの途中で体肢から分離する最も簡単な手段は、体肢を水中に沈めるか、大量の水を浴びせることです。

補遺008-FR-A: SCP-008-FRは██████国████市、██████ ████通り██番地のアパートで20██/██/██から██/██にかけて発生した、俗に“自然発火事件”として知られる一連の現象の調査中に発見されました。被害者は定期的に各々の個室からほぼ完全に焼けた状態で発見されましたが、室内の他の部分には焼け跡が殆ど残されていませんでした。禁固5年の判決を受け、電子腕輪で常時監視された自宅軟禁下にある放火魔の██████ ███████に強い嫌疑がかけられたものの、彼はアパートの自室を出ておらず、彼とこれらの火災を関連付ける具体的な証拠はありませんでした。

この捜査はやがて地元警察に潜入していた財団エージェント数名の注意を引き付けました。エージェントたちは独自に調査を再開し、20██/██/██に██████ ███████の部屋を捜索しました。

エージェントたちは、湿った服を着た██████ ███████がキッチンの床に倒れているのを発見しました。彼の右腕は肘から指3本の先端までが、沸騰する黒い蝋のような物質で部分的に覆われていました。蝋に覆われた手は — ██████ ███████自身が肉体的に死亡しているにも拘らず — 痙攣し、流し台の下の戸棚を開けようと試みていました。明らかに自傷行為の結果である幾つかの深い傷跡が、██████ ███████の右腕の一部と肩に認められました。介入班が現場に派遣されました。

██████ ███████はSCP-008-FRの所有者であり、活動状態のSCP-008-FR-01の習性の一部も含めて、異常性を完全に認識していたようです。彼の部屋で発見された覚え書きによると、彼は遠隔から隣人の家に放火するための武器としてSCP-008-FRを使用していました — 彼はSCP-008-FR-01を解放する前に水を被り、自らが狙われるのを防いでいました。

財団エージェントに発見された当日の██████ ███████は十分量の水を使わなかったため、SCP-008-FR-01は濡れているにも拘らず右腕に融合できたと仮定されています。██████ ███████は痛みでパニックに陥り、利用可能なあらゆる物品で右腕の切除を試みたようです。死因は大量の失血と、SCP-008-FR-01の融合によるショック症状だったと思われます。アパート内の形跡を基に、SCP-008-FR-01は██████ ███████の死体を右腕の膂力のみで12m引きずったものと見られています。SCP-008-FR-01が開こうと試みていた戸棚からは、1個のライターが発見されました。

page revision: 1, last edited: 12 Nov 2019 23:50
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website