nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1374 準備
KeterSCP-1374 準備Rate: 99
SCP-1374

アイテム番号: SCP-1374

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1374の文書全体は、その後の通知までサイト23内に保管されるものとします。 サイト53、サイト95、およびセクター15はすべて現在SCP-1374に感染しています。 これらの施設で働くすべての職員は、SCP-1374を感知しなければなりません。 加えて、これらの施設のすべての書類は、不正確であるため少なくとも2人の異なる職員によって3回はチェックされなければなりません。 さらに、それらの施設の職員は自分のいるサイトからの移転を要求することがあります。 これらの要請は、レベル4の認定を受けた少なくとも3名の研究者とその地域のサイトディレクターの承認を得なければなりません。

説明: SCP-1374はテキストベースの現象であり、少なくとも5つの建物で人間との交流に使用され、特にそれらの建物でいつでも影響を与えると思われます。 これらの影響を受けた建物内で、財団収容プロトコル-01-Blackで定義されている異常な物体を1年以上使用した人は、その建物内でSCP-1374に無作為に遭遇する可能性があります。 SCP-1374は短い文章や句として現れ、壁面のスプレーペイント、手書きメモ、公式レポートの文章など、さまざまなメディアを通して出現します。

この現象は、異常なオブジェクトと積極的に接触する建物にのみ影響します。 SCP-1374に感染した建物が不活性になったり、10日間を超える異常が発生すると、SCP-1374はもはやその建物に影響を与えなくなり、別の活発な場所で発現し始めます1。 さらに、SCP-1374のメッセージの性質と傾向は施設によって大きく異なるように見えます。 このため、現在、SCP-1374-AからSCP-1374-Eと指定されているSCP-1374の5回の反復2がこれらの感染の原因であると推測されます。 さらに、各反復は特定のGoIを支持しているように見え、感染した施設が活動を止めると、グループが使用する別の施設で再び表示されます。 詳細については、付録-1374-Alphaを参照してください。

SCP-1374に感染したことが知られている5つのサイトのうち3つは、財団によって管理されています。 他の2つはGoI-016(「Global Occult Coalition」)とGoI-132(「Marshall, Carter, and Dark Ltd」)の管轄下にあります。

付録-1374-Alpha:
SCP-1374-X ロケーション 説明
SCP-1374-A 財団が管理するサイト53 出現した文章は財団の職員とやり方を厳しく批判し、不満を持っている SCP-███の文書から: …Containment Chamber #423に常時収容して下さい。それは明らかに賢明なことですからね。あなたはそのことで怒りを買うでしょうか?神よ、なぜ皆が未だに死んでいないのでしょうか?あなたがふざけているからなのですか?
SCP-1374-B 財団が管理するサイト93 出現した文章は財団の努力に対し支持的でそれを推奨しています。 Incident Report Rho-Omegaの文書から:…オブジェクトの回復中に殺されてしまいましたが、この事は私たちが挑戦を止めるべきだということを表しているのではありません。人々は生き、そして死にます。しかしこれは当たり前のことです。全ては大きな利益のためなのです。ジョン、私を信じて、これを怖がってはいけません、あなたなら大丈夫。
SCP-1374-C 財団が管理するセクター15 出現した文章は、故意的で、悪意を持ち、財団を見下しています。 SCP-096の文書から:週1回の亀裂や穴のチェックは必須です。SCP-096のセル内にはあらゆる種類のビデオ監視ツールや光学ツールは絶対にありません。そのため、SCP-096が封じ込められていることを確認するために、職員は少なくとも週に1回はセル内に物理的に入る必要があります。
SCP-1374-D GoI-132 (“Marshall, Carter, and Dark Ltd.”)によって管理される倉庫24 出現した文章は贅沢で無駄の多い生き方に極めて批判的です。 [編集済み]の文書から:他の誰かを助けるために自分のやり方を外れる事なく、あなたのニーズを満たすものを手に入れて下さい。薄情な人々にとって何と素晴らしい物なんでしょう。Master Marshallはもっと価値のある人にただ与えるためにこのアイテムを手に入れることを心から望んでいますが、あなたはそうしようとはしませんよね。
SCP-1374-E GoI-016 (“Global Occult Coalition”)に管理される[編集済み] 未確認 未確認

補遺- 1374-Gamma 5年周期で12月31日にSCP-1374の全ての反復で、感染したサイト内のすべての有資格者に次のメッセージが表示されます。

あなたは取るに足らない話に邪魔されることはありません。世界の運命はあなたの手の中にあるのです。それが何であれあなたの頭に入れないようにして下さい、なぜならあなたはそれが何か知りませんからね。これを処理できないなら、ここにいるべきではありません。覚えておいてください。

これは実験なのです。単なる実験なのです。

Incident Log-1374-Theta:1995年6月4日、SCP-████3は、[編集済み]を含む以前は知られていなかった異常な特性を示した後、封じ込めを破り、結果として63人の人員が71個のSCPオブジェクトの消失を伴いSCP-████-Gへ変化しました。現在、違反時に失われたすべてのオブジェクトや人員は、財団の管理の範囲外となっています。

さらに、Site 95のEuclid Wing 17はセキュリティシステムの障害を経験し、その結果7つのユークリッドクラスのAnomalousオブジェクトが解き放たれました。そのうちの1つはType-Redの変成的複製に分類されていました。その後4つが取り戻されましたが、前述のオブジェクトは収容出来ておらず、現在は逃亡中です。逃げ出したオブジェクトのすべての可能な限りの状況を調査して取得するために、MTF Theta-24(別名「Polygraph Team Attack」)が派遣されました。

同日、SCP-1374-Cは、セクター15で[編集済み]に関する情報を明らかにし、情報災害の広範な伝播を引き起こしました。

翌日、SCP-1374に感染したすべてのサイトで、SCP-1374-Xのそれぞれの反復により、各サイト内ですべての資格のある職員に対してメッセージが生成されました。 以下はメッセージの転記です。

SCP-1374-A:

わかりますか?私が何を伝えたかを、あなた達はバカなのですか?私はあなた達があのGOCまぬけどもから1つか2つ程学び取る事を我慢できると誓った事がありました。そしてあなた達はそれを上手く扱っていなかった!それでもあなた達はそれを台無しにした!本当に、もしこのような小さな[編集済み]を扱えないのであれば、大きなものが来たら何をするつもりですか?

SCP-1374-B:

ああ、なんてことだ!大変申し訳ございません。私はあなた達は準備が出来ていると思ったのです。このような結果になるとは全く思わなかったのです。全て私の責任です、起こった事で気を悪くしないで下さい。私たちは挑戦し続けるつもりです、そして結局のところ、来る時にはあなた達はより準備を整えていると確信しています。挑戦し続けて下さい!やる気を無くさないで下さい!あなた達を信用しています!
…しかし今回よりは上手くやらなければなりませんよ。

SCP-1374-C:

あなた達には希望はない。

Incident Log-1374-Xi:GoI-055(「Chaos Insugency」)の数人のメンバーを追跡していたエージェントが、そのグループが活動の基盤として使われていた放棄された工場でSCP-1374の新しい反復に遭遇し、それをSCP-1374-Fとしました。その場所で見つかった文章は、下記のように「出て行け」と書いてあり、大きな発電機を収容している部屋の最北端の壁に見られるメッセージを除いて、「不安」と「緊張4」と特徴づけられています。財団の要員がこのメッセージを収納している部屋に入ってから約5秒後、部屋の壁が崩壊し、4人のエージェントが失われました。

職員がこれらのエージェントを追跡し、後を追って行くと、前回の事件と同様のイベントが発生し、財団の要員が入室した後、特定のSCP-1374のメッセージを収納した部屋が崩壊しました。このため、職員はCIメンバーにうまく追いつくことができませんでした。

主任研究員のメモ:Incident Log-1374-ThetaとIncident Log-1374-Xiに記載されているイベントのため、SCP-1374がテキスト異常の兆候の外に位置する構造の異常な制御を有する可能性があります。 この制御の程度は不明です。 そのため、職員はSCP-1374に感染していることが知られている場所での操作中に、極度の注意を払う必要があります。-主要研究員Leonard Lagrange

Incident Log-1374-Chi:1995年12月5日、財団の監視員が、GoI-132 (“Marshall, Carter, and Dark Ltd.”)が所有し、SCP-1374-Dに感染している倉庫24をそのグループが放棄したことを報告しました。財団のエージェントは、グループのメンバーを秘密裏にMC&D所有のオークションハウス53に追いやりました。倉庫24の調査では3人の死体が明らかになり、それぞれの死体には「彼が来たる時に、心なき者は真に彼の恩恵を受けられない。私は伝えようとしてきたが、多分十分ではないだろう。」と彼らの皮膚の様々な部分に刻まれていました。MTF Tau-09(別名「Upper Class Spycats」)は現在、SCP-1374-Dの新たな場所を探しています。

補遺1374-Mu: [編集済み]と同日の██/██/████以来、SCP-1374-AからSCP-1374-Cまでのメッセージは取り乱し、神経質の様な性質を帯びるようになった事に職員は気づきました。特に:

  • SCP-1374-Aは、前例のない数のSCPオブジェクトの封じ込め手続きに対する厳しい批判を出し始めました。そのほとんどが人型、変成作用を持つ物、記憶に影響を及ぼす物、適応性がある物、認識災害、余剰次元に関する物であり、全て大文字で書かれていました。
  • SCP-1374-Bは、Incident Log-1374-Thetaで明らかにされた能力を週に少なくとも1回使用し始め、人がオブジェクトを再確認しようとする間にさまざまな形の奨励句を明示しました5
  • SCP-1374-Cは明白な以前からの方法でSCP文書を変更しなくなりました。 代わりに、これらのオブジェクトに関する細かい重要な詳細を変更し始めました。 さらに、そのメッセージには、かすかにミーム的および情報的な危険性が増えていることが指摘されています。 このように、セクター15内のすべての文書の有効性のチェックの厳格さが高まっています。

これらの行動は、時間とともにますます頻繁になりました。財団の研究者はその増加と、SCP-1374と一連のnon-anomalous の[編集済み]の極端な活動との間の可能性のあるリンクを提案しました。しかし2つの間に何の繋がりも認められませんでした。

補遺 -1374 -Pi: ██/██/████6にSCP-1374に感染した全ての施設で次のようなメッセージが出現しました。

ええと、あなた達はテストを受けました。あなた達は不合格でした。私たちは自分たちでこの事を対処しようと思います。

その後、以前にSCP-1374に感染していることが分かっていた場所はすべて異常なメッセージの出現を止めました。 30日後、SCP-1374は無効になったと宣言されました。

補遺 -1374- Omega:██/██/████に、SCP-1374が無効になったと宣言された5ヶ月後に、以前感染したすべての地域でSCP-1374が再出現しました。しかし、記録されたSCP-1374-Xの前例というより、新しい反復が登場しました。 この反復は全ての感染した地域で同一であり、全てアラビア数字で現れました。SCP-1374のメッセージ内の数字は、時間の経過とともに一定の割合で減少しています。 この意義は不明です。 しかし、出現したすべての数字は、いつでも施設間でほぼ等しいです。

ページリビジョン: 6, 最終更新日時: 18 Jul 2018 09:51
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website