nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1417-JP 罪悪の引き金
SafeSCP-1417-JP 罪悪の引き金Rate: 39
SCP-1417-JP
blank.png
toygun.jpg

SCP-1417-JPの自宅で発見されたSCP-1417-JP-A

アイテム番号: SCP-1417-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1417-JPは遺体保管チャンバーに冷凍保存されています。遺体保管チャンバーとその保管庫にはスクラントン現実錨が備え付けられ、ヒューム値を基準値に保ってください。1か月に1度、一般的な遺体保管プロトコルに従って、腐敗や実験以外での損傷の確認とSCP-1417-JP-Aの出現が発生していないか確認を行ってください。SCP-1417-JP-Aは現在1丁のみが低危険度保管庫に収容されています。新たにSCP-1417-JPの実験を行う場合、担当者の許可を得る必要があります。

説明: SCP-1417-JPは限定的な現実改変能力を持つ日本人男性(享年13歳)の遺体です。SCP-1417-JPの特異性は自らの肉体が損傷した際にSCP-1417-JP-Aと呼ばれる実体を出現させることにあります。発見された経緯や後の調査からSCP-1417-JPの特異性は生前から有していたものと結論が出ています。
SCP-1417-JP-Aは███社から販売している玩具の火薬銃1に酷似した実体です。材質はプラスチックで構成されており、構造は市販されている火薬銃と一致しています。火薬をセットするシリンダー部分は溶接されたかのように固着しており、市販されているもののように開くことは出来ません。SCP-1417-JPの状態によりSCP-1417-JP-Aの出現する箇所は変わり、衣服などを着用した場合は衣服のポケットなどに出現し、衣服などを着用していない場合、SCP-1417-JPの右手のひらに出現します。SCP-1417-JP-Aは引き金を引くか、分解・または破壊すると瞬時に消失します。消失するのはSCP-1417-JP-Aの構成部品のみで、GPSの設置による消失先の特定には失敗しています。SCP-1417-JP-Aは引き金を引くことでシリンダー内の火薬が燃焼し、銃口から火花が飛び散ると同時に不可視の銃弾が銃口から発射されます。銃弾は物体に着弾し、静止した瞬間にSCP-1417-JP-A構成部品と同じように消失します2

██県███市における中学生殺害事件において、SCP-1417-JPは発見されました。事件は隅田█(当時13歳)の「クラスメイトが銃で人を撃った」という旨の通報により判明しました。通報内容を察知したエージェントから近隣サイトへ報告があり、状況を把握した財団が警察内外への情報規制を行い調査を開始しました。銃撃を受けた被害者はSCP-1417-JP(本名:園倉██)と谷野██(当時14歳)です。SCP-1417-JPは頭部を撃ち抜かれ即死、谷野██は太腿の大動脈を撃ちぬかれ失血死していました。遺体や現場からは銃弾が見つからなかったことや証言から犯行にはSCP-1417-JP-Aが使用されたと考えられています。加害者である枷井███(当時13歳)は所持している携帯電話のGPSから位置を特定され、市内の竹林で確保されました。SCP-1417-JPの住居の捜索では、自室の机の引き出しからSCP-1417-JP‐Aが17丁発見されました。被害者両名の死因に関してはカバーストーリー「階段からの転落死」が適用され、遺族と関係各所への記憶処理が行われました。遺族へは死因などの偽装を行った複製の遺体が引き渡されました。

対象: 枷井███

インタビュアー: エージェント金平

付記: 事件当時の状況を把握するために加害者である対象に行われたインタビューです。確保当初から対象は錯乱しており、円滑なインタビューのために対象には精神安定剤の投与と暗示が行われています。

<録音開始, 20██/██/█>

エージェント金平: 事件当日、学校が終わってからのことを話してくれるかな。

枷井███: 学校が終わってからは、いつも通り、通学路を隅田と谷野君と一緒に、いや一歩引いて着いていってました。だってほら話の邪魔とかしちゃだめだし。

エージェント金平: 一緒に帰ってたんだね。じゃあ園倉██に出会ったのは?

枷井███: 園倉にあったのは、学校を出てすぐです。一人で歩いてました。谷野君が園倉を捕まえて、そのまま一緒に帰りました。園倉って夢は警察官って言ってるくせにチビで弱いんです。

エージェント金平: 帰るまでに寄り道はしたかい?

枷井███: 学校の近くの橋の下に行きました。人が来ないのでいつも園倉は連れられてました。

エージェント金平: 橋の下で、なにをしていた?

枷井███: 谷野君は園倉を殴ったり、蹴ったり、隅田は園倉の鞄持ってました。俺は園倉が殴られるのを見ながら、人が来ないか見てました。殴りたいとは思ってなかったです。たまに谷野君にやれって言われましたけど、やらないと俺が殴られるんです。

エージェント金平: そうか。いつもと違うことはあったか?

枷井███: 園倉と谷野君を撃ちました。

エージェント金平: 詳しい、経緯を教えてくれ。誰が、どうやって撃ったんだ?

枷井███: 谷野君が殴って、園倉が倒れたら銃が落ちました。ポケットから落ちたんだと思います。俺は目の前の銃を拾いました。オモチャにみえました。百均とかで売ってる、オモチャの銃です。そしたら谷野君にこっち来いって言われて、銃を見せたら笑いました。オモチャ持ち歩いてるなんてガキだな、って谷野君は園倉を笑ってました。

エージェント金平: 園倉はどんな様子だった?

枷井███: いつも以上にビビった顔をしていたと思います。必死に首を振って、返してって言ってました。おかしいのか隅田が笑ってました。園倉が必死すぎて俺もちょっと、少し、笑ってました。

エージェント金平: それで君はどうした?

枷井███: 面白かったので銃を園倉に向けてみました。向けただけなんです。園倉はもっと必死で、涙目になってました。俺はなにもしませんでした。なにもする気は無かったんです。

エージェント金平: じゃあ、何故撃ったんだ?

枷井███: 谷野君が、撃ってみろよって、俺は撃つつもりは無かったのに、あいつが撃てっていったから。オモチャだから、あいつがビビるだけって俺もあいつも思ってた。だから、撃ってもいいかなって。

エージェント金平: 君が撃ったんだな?

枷井███: 谷野君に言われて、俺が撃ちました。銃が手の中から消えて、アレって思ったら、園倉が倒れて、動かなくなりました。大げさだなって思ったら、血が出てきて、揺さぶってみても、動かなくって、血以外にも肉が転がってて、ヤバイって、叫んだ隅田が逃げ出しました。俺はわけがわからなくって、立ってたら、谷野にお前がやったんだからなって言われて、アイツ逃げようとしたんです。だから逃がさないように掴んだ。でも、俺を振り払ったんです。こけたら、目の前に倒れて血を流してる園倉がいて、近くにはさっきのオモチャの銃が転がっていました。逃げる谷野に向かって俺は撃ちました。お前が悪いんだからって。園倉がやれって俺にくれたのかも。ちょっと離れてたけど、当たりました。銃はまた手から消えました。谷野は足を抑えて痛い痛いってうめいてました。

エージェント金平: それから逃げたな? なぜだ?

枷井███: 怖くなったんです。本物の銃じゃないですか。園倉は誰かを殺すつもりだったんだ。谷野とか隅田を殺すつもりだったんだ。俺は殺されなかったと思います。だって、殴るときも手加減していたし、嫌々だったんですよ。だから悪いのは谷野とかなんです。でも園倉を撃ったのは俺だった。悪いのは俺ってことになったちゃうじゃないですか! 悪くない、悪くない、俺は悪くないんだ!

エージェント金平: おい、落ち着け。逃げた理由を聞いているんだぞ。

枷井███: 俺は悪くないけど、悪くなかったけど、園倉を撃ったのは俺だった。悪いのは俺にされてしまった。俺が悪いんだって、気づいたから逃げました。園倉を馬鹿にしたのも殴ったのも撃ったのも殺したのも、俺なんです。

エージェント金平: わかった、もういい。インタビューを終了する

<録音終了, 20██/██/█>

終了報告書: インタビューの後、対象には記憶処理を施され、解放されました。記憶がフラッシュバックし、記憶処理が解けることを防ぐため、対象とその家族には住居の移転を行いました。半年に一度指定されたカウンセラーへの診断も義務付けられます。カバーストーリーの一貫性と秘密保持の観点から、対象には法的な制裁や財団による処分は行われません。

ページリビジョン: 9, 最終更新日時: 26 Aug 2018 05:26
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website