nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1466-JP エリクサー
EuclidSCP-1466-JP エリクサーRate: -1
SCP-1466-JP
blank.png

アイテム番号: SCP-1466-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1466-JPはエリア-81JMHの小型オブジェクト収容セルに収容されます。収容セル内は抗シナプス酵素の減退を防ぐ目的で、低温かつ乾燥した状態が維持されます。

新たにGoI「酩酊街」に関連性があるオブジェクトが収容された場合は、オブジェクトにSCP-1466-JPが付着していないか、或いはオブジェクトがSCP-1466-JPを所持していないかを検査し、存在が確認された場合は担当職員同伴のもと収容を行ってください。

説明: SCP-1466-JPはGoI「酩酊街」関連オブジェクトが収容された際に、オブジェクトに付着、或いはオブジェクトが所持していることがある液体物質です。エチルアルコール44%、抗シナプス酵素溶液32%、リンゴ(Malus pumila)由来の果汁13%、未知の物質11%の割合で構成されており、発する臭気や外見的特徴は一般的なリンゴ酒と類似します。SCP-1466-JPを摂取した場合、抗シナプス酵素が大脳に作用し、ニューロン同士の伝達を行うシナプスの働きを減退させることで、摂取者の記憶能力や思考能力を大幅に低下させます。また、SCP-1466-JPには不可逆的かつ強い依存性が報告されており、一般的なエチルアルコールと比べても極めて強力です。この依存性が発生する仕組みは判明しておらず、現在も研究が続けられています。SCP-1466-JPをDクラス職員に摂取させる実験については、後日別途報告される実験報告書を参照してください。

SCP-1466ーJPは、摂取者の身体に対し急激かつ大規模な突然変異を発生させます。これはSCP-1466-JPに11%含まれる未知の物質がミュータジェンとなっていると予想されており、摂取したDクラス職員の多くは法則性の無い変異を遂げています。財団が過去に日本生類創研より押収した薬品から、この物質と類似した物質が発見されているため、SCP-1466-JPには日本生類創研の関与が指摘されています。

SCP-1466-JPに32%含まれる抗シナプス酵素溶液は、Mクラス記憶処理薬の主成分であり、財団が独占している技術です。Aクラス記憶処理薬の発明や記憶処理技術の進歩により、Mクラス記憶処理薬並びに抗シナプス酵素溶液は現在製造されておらず、いずれもエリア-81JMHにて厳重に保管されています。SCP-1466-JP発見後に行われた棚卸調査の結果、Mクラス記憶処理薬並びに抗シナプス酵素溶液の在庫数に過不足は発生していませんでした。抗シナプス酵素溶液がSCP-1466-JPに含まれるに至った経緯について、諜報部が調査を行っています。

補遺: 財団により身柄が拘束されている日本生類創研の重要参考人██ ██に対し、SCP-1466-JPに関するインタビューを行いました。以下は諜報部が██ ██に対し行ったインタビュー記録です。

対象: ██ ██

インタビュアー: エージェント・時任(以下、時任と呼称。)

付記: 情報を円滑に聞き出すため、SCP-1466-JPのサンプルとデータを対象へ閲覧させています。インタビュー後に██ ██に対しAクラス記憶処理薬を投与します。

<再生>

時任: いかがですか?所感をお願いします。私達は、この薬品が日本生類創研によって作られたものであると予想しています。

██: 確かに我々が使う████████と呼ばれる物質に似た物質が入っている。……だがこれは我々が作った物では無いな。

時任: では否認なさると。日本生類創研の関与を即答で否定できる根拠はなんでしょう?

██: 確かに似ている。似ているだけだ。████████は安価かつ大量に手に入る物質だ。わざわざ偽物を使う必要がない。そうだろう?

時任: では新たな物質を研究開発する過程で――

██: それも無いだろうな。ワシが貴様らに拉致されている間に、本部がそのようなことを行っている可能性はゼロではないが、その結果が劣化品製造ではおかしな話だ。

時任: ではこの物質について、心当たりはないということですね?

██: いいや。そうとは言ってない。心当たりはある。

時任: 心当たりはある?それはどういうことでしょう。

██: この薬品は酩酊街から押収したのであろう?我々も酩酊街と呼ばれる集団だか場所だかを認知している。彼らに関する情報をごく僅かではあるが入手しているのだが、この薬品は連中が朝から晩まで飲んだくれている"酒"そのものであろう。

時任: こんなものを飲み続けたらタダじゃ済まなそうですが。

██: 左様。[忍び笑]、ヤケ酒にはピッタリな酒ではあるがな。なんでも忘れてしまえる。

時任: その結果あのような変異が起きるのでは。[数秒無言]まさか酩酊街からくるオブジェクトは。

██: それはなんとも言い難いが。まぁ可能性はあるだろうな。

時任: 酩酊街の目的や手口に関する貴重な情報です。感謝しま――

██: 目的や手口……ね。さぁて、それもどうだか。

時任: どうだか、とはどういうことでしょう?言葉の意図を理解しかねます。

██: 人間に忘却された物品や人間が行き着く先が酩酊街であるなら、忘却とはなぜおきるか?まぁ自然に忘れてしまうこともあるが、ワシは1つだけ人に忘却を強いている存在を知っている。

時任: その存在とはなんでしょう?

██: 白々しい聞き方をするな。貴様らのことだ。崇高で素敵な理想のために暗躍し、痕跡を隠すために人の記憶を弄ぶ。結果齎される不自然な忘却が酩酊街の勢力拡大に貢献しているのだ。第一、その薬品には貴様らが一時期使っていた物質が大量に含まれているではないか。

██: 酩酊街から物品が送り込まれれば貴様らが収容し、それに際して周囲の人間の記憶を消す。それによって新たなに忘却された存在が酩酊街へと誘われ、酩酊街はそれを再び送り込む。貴様らはそのサイクルを生み出している張本人なんじゃないかね?

時任: 話が跳躍しているように感じます。

██: あの手紙の主だって、貴様らなら良く知っているんじゃないか?少なくとも向こうは貴様らのことを良く知っているみたいだぞ?

<終了>

ページリビジョン: 6, 最終更新日時: 26 Jan 2019 03:21
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website