nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1485-JP シャケナベイベー!
EuclidSCP-1485-JP シャケナベイベー!Rate: 4
SCP-1485-JP
image1.JPG

発生記録007でのSCP-1485-JP-A

アイテム番号: SCP-1485-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP‐1485-JP-Aの収容は現時点での財団の技術力では不可能です。SCP-1485-JP‐Aの発生を未然に防ぐため日本国内のスーパーの該当する時間帯においてSCP-1485-JP-Aとなりうる可能性のある物品の回収を行ってください。この時カバーストーリー「タイムセール」を適用してください。また新たなSCP-1485-JP-A-1が発見された場合、回収し検査を行いその結果に応じて適宜記憶処理を施してください。

説明: SCP-1485-JPは日本国内のスーパーなどの小売店において発生する異常現象です。SCP-1485-JPは月曜から金曜日の17時~19時という限定された時間帯に不定期に異常性を発揮します。この時、店内の鮮魚売り場においてそれまで流れていたBGMが突如『Twist&Shout』に変化し、鮮魚売り場に存在する特定の魚類の切り身がSCP-1485-JP-Aへ変化します。

SCP-1485-JP-Aはサケ科の魚類の切り身です。そのサイズは切り方の種類によって様々で、SCP-1485-JP-A化は塩漬けや西京漬けなどの切り身自体の状態に左右されません。変化が完了したSCP-1485-JP-Aは、包装されているパック等を物理的に破壊しその外へ脱出します。そしてBGMの『Twist&Shout』を発声器官が存在しないにもかかわらず歌唱し、踊り始めます1。SCP-1485-JP-Aの異常性はこの踊りと歌を子供が聴くか見たときにのみ発現されます。SCP-1485-JP‐Aの踊り、歌を視聴した子供2(以下SCP-1485-JP-A-1と表記)はその時点での感情、体調に関係なく極度の興奮状態となります。SCP-1485-JP-A-1は踊る、叫ぶ、店内を走り回るなどの行動をとり、外部からの制止や警告などを一切聞き入れることはありません。そして『Twist&Shout』のフルコーラスが終了したと同時にSCP-1485-JP‐A、SCP-1485-JP-A-1らは『Shake it up baby!』3と叫び店内から消失します。

補遺1: 以下はSCP-1485-JPの発生記録です。

発生記録001 - 日付200█/██/█ 17:11

SCP-1485-JP‐A: 塩漬けのベニザケ(Oncirhynchus nerka)

場所: 山梨県██市のスーパー██

概要: 店内のBGMがビートルズカバー版『Twist&Shout』に変化。SCP-1485-JP‐Aにより8歳の少年がSCP-1485-JP-A-1化。フルコーラス終了と共に消失。

発生記録003 - 日付20██/██/█ 18:25

SCP-1485-JP‐A: 刺身用トラウトサーモン(Oncirhynchus gorbuscha)

場所: 大阪府██市のデパート███

概要: 店内のBGMがジャズアレンジされた『Twist&Shout』に変化。SCP-1485-JP‐Aにより11歳の少女、6歳の少年がSCP-1485-JP-A-1化。SCP-1485-JP-Aの制止を試みるもSCP-1485-JP‐A-1によって阻止された。

メモ: SCP-1485-JP‐A‐1の物理的拘束はフルコーラス終了時にSCP-1485-JP‐Aとともに消失したため不可能だと推測される。どうやら曲調が鮭の種類によって変化するらしい。

発生記録007 - 日付20██/██/█ 17:29

SCP-1485-JP‐A: 新巻鮭に加工されたギンザケ(Oncirhynchus kisuch)

場所: 東京都██区の大型百貨店███

概要: 店内のBGMがメタルアレンジされた『Twist&Shout』に変化。SCP-1485-JP‐Aが出現し歌唱と踊りを始めたがその場に子供が居なかったため、SCP-1485-JP-A-1の発生は起こらなかった。これまでとの相違点としてフルコーラスを歌いきる前にSCP-1485-JP-Aが消失した。

メモ:子供だけが熱心な観客として認識できると仮定するならば、あの状況は興味のない客ばかりの中で1人熱唱しているということになるな。

補遺2: 発生記録001から約12年後の20██年██月█日に北海道オホーツク海沿岸で「切り身の鮭と人が海を泳いでいる」という通報がありました。これを受け財団エージェントが確認に向かったところSCP-1485-JP-Aと思しき魚類の切り身と、20代前後と推測される全裸の男性が発見されました。SCP-1485-JP-Aはエージェント接近時即座に消失しましたが、男性はそのまま残り続けました。男性は意思疎通が可能で一般会話レベルの日本語と流暢なキングスイングリッシュを話します。またDNA検査の結果、発生記録001でSCP-1485-JP-A-1化した当時8歳であった少年だと判明しました。男性の特徴として脚部と腹部の筋肉が発達していることと、ツイストダンスや歌うことが得意であるという点が挙げられますが収容相当の目立った異常性は見受けられませんでした。

対象: SCP-1485‐JP-A-1

インタビュアー: 鹿野博士

<録音開始, 20██/██/█**>

鹿野博士: 貴方の本名は██ ██、現在は20歳であると。よろしいですね?

SCP-1485-A-1: はい。

鹿野博士: 規則上貴方のことをSCP-1485-JP-A-1と呼びますがそれについては。

SCP-1485-A-1: 構いません。

鹿野博士: ありがとうございます。ではSCP-1485-JP-A-1、200█年██月█日の貴方が消失した時について教えてください。

SCP-1485-A-1: 相当前のことなのではっきりしませんがいいでしょうか?

鹿野博士: ええ、どうぞ。

SCP-1485-A-1: あの時は店内の曲が急に変わったことに驚きましたね。でもあの鮭の踊りを見てからはなんと言うか、ずっと楽しい気分というかそんな感じでした。で、気がついたら森の中にいたんです。あの鮭と一緒に。

鹿野博士: それで?

SCP-1485-A-1: 楽しかったのが急に覚めちゃって。さらに当然親もいない知らない場所に来たんで、泣いたと思います。そんな時あの鮭が喋ったんですよ、日本語で。

鹿野博士: 内容は覚えていますか?

SCP-1485-A-1: ええもちろん。確か『喚くでない人の子よ。貴様は選ばれたのだ、私の元で学ぶために。』とかなんとか。その時やけに偉そうだったのは印象に残ってますね。

鹿野博士: そのあとはどうしました?

SCP-1485-A-1: いろいろやらされましたよ、水泳や言葉とか歌とか。いろんなジャンルの歌を歌わせられて、音程が外れたら叩かれたりしましたね、身で。

鹿野博士: それを12年間続けていたわけですね?詳しくご説明いただけますか?

SCP-1485-JP-A-1: ええ。水泳の時には手を縛られて川に突き落とされたり、下流から上流まで泳ぎっぱなしってこともありました。あ、ずっと焚き火で生活してたんですよ。それに夜に焚き火の前で踊りがあって、リンボーダンスとかいろいろな踊りを踊らさせられました。

鹿野博士: わかりました。他には?

SCP-1485-JP-A-1: そうですね……泳ぎの他に毎日英語を教えられました。『我々が過去用いていた言語に最も近い言語だ』と。あと食べ物には困りませんでしたね、木の実だとか熊だとか毎回帰った時にはどうやったのか知りませんが料理が出来上がってました。知ってます?熊って美味しいんですよ。

鹿野博士: いえ、私は食べたことがないのでなんとも。

SCP-1485-JP-A-1: 残念、そうですか。それで、まぁそんな生活をしていました。

鹿野博士: 聞く限り随分あの切り身と親しいようですが、鮭の切り身と生活するなんておかしいとは思わなかったんですか?

SCP-1485-JP-A-1: そりゃあ思いましたよ。いくら子供といえど魚が喋るのは絵本の中だけだって知ってましたし。けどですね、ある日俺がホームシックになって泣き出した時にあの鮭が慰めてくれたんですよ。『貴様が此処にいるのは誇らしいことなのだ。貴様に教えたことを無駄にはさせん。』って。アホみたいだと思ってくれて構わないんですけど、俺安心したんです。極限状態での錯覚かもしれないんですけど、あの時からあの鮭を先生みたいに思うようになったんです。飯もうまかったですしね、ハハ。

鹿野博士: ありがとうございます。ではSCP-1485-JP-A、あの鮭自身については何か聞いていませんか?

SCP-1485-A-1: いえ特には。いや、確か16歳になった時くらいに一回だけ話してくれた覚えがあります。なんで歌を歌っていたのか聞いたときに『自分は智慧の鮭の末裔だ。時を経て力が別れたため一部しか伝えられないが、私の一族は歌と踊りを授けるのだ。』とか。そういやあれも……

鹿野博士: 他に何か?

SCP-1485-A-1: いや大したことではないんですが、『私が歌っていたあの歌は私の先々代の弟子が歌っていた歌でね。気に入ったので歌ってるのだよ。』とかそんなことも言ってたましたね。

鹿野博士: はい、ご協力ありがとうございました。

SCP-1485-A-1: いえいえ。

<録音終了, 20██/██/█**>

終了報告書: SCP-1485-JP-A-1の証言が事実であればSCP‐1485-JPは発生記録001より前から存在していた可能性、別の目的を持ったSCP-1485-JP-A個体の存在などが考えられ、さらなる調査が必要と思われます。またSCP-1485-JP-Aとビートルズメンバー、及びその家族との関係性は現在調査中です。

ページリビジョン: 8, 最終更新日時: 28 Jun 2017 13:45
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website