nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-199-JP もう一人の観客
EuclidSCP-199-JP もう一人の観客Rate: 49
SCP-199-JP
評価: +41+x
scp199jp.jpg
座席に向かって歩くSCP-199-JP

アイテム番号: SCP-199-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在、SCP-199-JPは完全には収容されていません。職員はSCP-199-JPの出現条件を満たさせないように、最低でも3名のエージェントを該当の映画館に派遣してください。劇場スタッフとして潜入したエージェントにより、チケットの購入状況・履歴が監視されることになっています。映画を上映する際に2名の一般人に偽装したエージェントはそれぞれの劇場を巡回し、もし観客が1名しかいない様なら、すぐにエージェントはその劇場に留まり観客が1名だけになる事を防いで下さい。エージェントが1名、劇場内にいるだけでもSCP-199-JPの出現を防ぐ事が可能です。有事の際には、映画館スタッフ及び一般人への無許可のBクラスまでの記憶処理が許可されています。5ヶ月に一度、該当の映画館の営業終了時にDクラス職員を1名劇場内に待機させ映画を上映し、SCP-199-JPの出現を待って下さい。待機させたDクラス職員はSCP-199-JPの出現後に退避させなければなりませんが、他の職員に危害が及ぶ可能性がある場合はこの限りではありません。なお、現在はSCP-199-JPに対する実験はその危険性を鑑みて中止されています。

SCP-199-JPが現在出没する映画館の所在地は、担当職員のみに開示(要レベル2/199-JPクリアランス)されます。

説明: SCP-199-JPは人型実体で、観客が1名だけしかいない日本国内の映画館の劇場に現れます。SCP-199-JPはひとつの映画館に半年程度の間留まり続け、出現条件が揃う度にどこからともなく現れます。SCP-199-JPの出現条件は、映画を上映中の劇場内に観客が1名だけしかいない場合に現れるという物ですが、その条件を満たしたからといって毎回現れる訳ではありません。なお、半年以上にわたりその映画館で出現条件が整わなかった場合、SCP-199-JPは付近で一番近い映画館に出現するようになります。

SCP-199-JPの正確な外見は確認されていませんが、痩せた人型で、歩く際には右足を庇うようにして歩くことが判明しています。観客はSCP-199-JPの外見の異常性に気づかない事が多いですが、それがただ単に劇場内が暗いせいなのか、SCP-199-JPの持つ精神干渉的特性なのかは不明です。SCP-199-JPは人間に対して非常に暴力的な傾向を示します。しかし、確認された全てのケースの中では、直接人間を殺害したことはありません。SCP-199-JPはその見た目に反し俊敏で、力は非常に強く、軍事訓練を受けた成人男性に勝ります。また、SCP-199-JPは未知の手段で劇場に入退場します。入場するところは確認できず、退場する際もカメラにはただ単に扉から出たように見えるにも関わらず、外にいた職員は誰も劇場から出てきていないと主張しました。

実験記録: 199-JP-04, -05
実験199-JP-01~03までは、SCP-199-JPは出現しませんでした。

実験199-JP-04
実験担当者: ████博士
事項: 財団が実験するために貸し切った映画館で、劇場内にはD-0092が小型カメラを持った上で1人で真ん中の座席に配置されます。劇場へ続く扉の前には2名のエージェントが立っており、入退場する者がいないかを見張っています。なお、D-0092は遠隔で別室の仮設本部にいる████博士と音声通信を行っています。

D-0092: 俺はただ映画を観てればいいんですよね?
████博士: その通りだ。ただ、何か異変があれば逐一報告してくれ。
D-0092: わかりました。これって手錠を外してもらうことはできますかね……?
████博士: 申し訳ないが、それは許可できない。
D-0092: カメラを動かし辛いのですが……。
████博士: 出来る限りで構わないから。

(上映開始30分後まで異常なし。カメラはスクリーンに向けられたまま)

突然、D-0092がカメラを座席へ続く階段へと向ける。不明な人物が歩いて一番後ろの右端の座席につくのをカメラが追う。

D-0092: 博士?
████博士: いや、私はここだ。
D-0092: 誰ですか?
████博士: 誰も劇場内には入っていないよ。
D-0092: じゃあ、あれがそうなんですか?
████博士: 恐らく。カメラはそのままでいいから、一般人のようにスクリーンを観ていてくれ。
D-0092: 無理ですよ!あいつは危険なんですか?
████博士: それを知りたいから、私たちが今こんなことをしてるんだ。

突如、男性のものとも女性のものともつかない叫び声が、後方のSCP-199-JPが着席している辺りより聴こえる。

D-0092: 出ます。
████博士: いや、ダメだ。出たら解雇する。
D-0092: 出させて下さい!
████博士: おい、カメラはあいつに向けておけ!出たら本当に解雇するぞ。
D-0092: クソ、本当に怖いんですよ!
████博士: お前に殺された奴もそう思ってただろうよ。あと1時間だけ我慢しろ。

カメラはスクリーンに映る映画を捉えており、後方の席からは何かが暴れる様な音が記録されている。

████博士: D-0092、カメラを後ろに向けろ。

暗くて不明瞭な映像。SCP-199-JPは後方の席で大人しく座っている。

D-0092: 何だよ……。でも何もしてこないな。

(20分間、異変なし)

████博士: おい、D-0092。カメラにずっと映画を映されても困る。
D-0092: あ、すいません。

D-0092がカメラを後ろに回すと、いつの間にかSCP-199-JPがD-0092のすぐ後ろに立っている。D-0092の手からカメラが落ち、以後ずっと場内の床を映し続ける。その後、急遽駆けつけたエージェントが座席の上で出血し気絶しているD-0092を発見した。D-0092の下顎は無くなっていた。劇場の前に配置されていたエージェント達は、誰かが入退場するところは一切見なかったと主張した。D-0092は財団の医療施設に運ばれ、一命をとりとめた。

実験199-JP-05
実験担当者: ████博士
事項: 実験は深夜に、財団が貸し切った映画館で行われます。拳銃で武装したエージェント・████が一名で、一番後ろの右端の座席に配備されます。劇場内には座席が全て映るように、リアルタイムで本部と通信している通常のカメラ及び暗視カメラが1台ずつ取り付けられます。また、SCP-199-JPがエージェント・████に危害を加えようとした場合、直ちに小銃で武装した他の2名のエージェントが劇場内に入ることになっています。なお、エージェント・████は遠隔で████博士と音声通信を行っています。

上映開始から20分後、カメラはSCP-199-JPが一番後ろの左端の座席に座るのを捉える。

████博士: 来たぞ。
エージェント・████: 分かっています。そっちはアイツが変な声で叫んでいるのが聴こえますか?
████博士: いや……。とにかく気をつけておけ。

(およそ20分間、SCP-199-JPは大人しく着席したまま動かない)

エージェント・████: すいません、ちょっと映画の音量が大きくないですか?
████博士: そうなのか?
エージェント・████: ええ。そっちの声が全然聴こえないのはマズいです。少し下げるようにいってもらえますか。

SCP-199-JPが立ち上がり、エージェント・████の方に歩き出すのがカメラに映っている。

エージェント・████: 何でまた音量を上げたんですか?
████博士: おい、気をつけろ!くそ、外にいる2名はエージェント・████を援護しろ。誰か音量を下げろ!

突如、映写機の作動が止まり、スクリーンに映されていた映像が消えて場内が暗闇に包まれる。誘導灯は何故か作動しない。映画の音だけは依然として流れ続けている。

エージェント・████: 博士、映像が消えました、何も見えません。どうなってます?
████博士: 奴がそっちに行ったぞ!おい、そこのお前、劇場の照明を全部付けてこい!(付近の研究員に指示している)

暗視カメラには、エージェント・████のすぐ側に近づくSCP-199-JPの姿が映っている。

████博士: おい、エージェント・████。横だ!
エージェント・████: すいません、本当に聞こえないです。何です?
████博士: お前のすぐ左に居るぞ、銃を撃て!
エージェント・████: 音量を下げてくれ、これは流石にデカすぎる。

暗視カメラには、到着した2名のエージェントが何とかして一番後ろの座席に辿り着こうと暗闇を手探りで進む姿が映っている。エージェント・████は銃を抜いて警戒してはいるが、すぐ横のSCP-199-JPには気づいていない。SCP-199-JPはエージェント・████の顔を掴んで座席から引きずりおろす。激しく抵抗しているエージェント・████の両目の眼窩にはSCP-199-JPの指が根元まで入っているのが確認できる。SCP-199-JPは抵抗を続けるエージェント・████を難なく引きずったまま、武装したエージェント2名を避けるようにして劇場から去っていった。SCP-199-JPが去った後、再び映写機が作動しはじめ、音量は平常時のものに戻った。なお、エージェント・████は現在も行方不明のままで、遺体も発見されていない。

補遺199-JP-A: 20██/██/██、SCP-199-JP担当の████博士が出勤せず、一切の連絡がとれないことを不審に思った職員が、████博士が一人で暮らす自宅を訪ねました。そこに彼の姿はなく、連絡を受けた財団は████博士の捜索を開始しました。ですが、現在に至るまで████博士は発見されておらず、その行方に関する有力な手がかりもつかめていません。当時、家のドアには鍵がかかっておらず、液晶テレビにはBlu-rayディスクの映画『ブレードランナー』が延々とループ再生されていました。20██/██/██から、新たに██████博士がSCP-199-JP担当になりました。

ページリビジョン: 9, 最終更新日時: 20 Sep 2014 01:19
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website