nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-215-JP 絡みつくイルミネーション
EuclidSCP-215-JP 絡みつくイルミネーションRate: 13
SCP-215-JP
評価: +11+x

アイテム番号: SCP-215-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-215-JPは複数の要素によって構成されるため、これを1セットとして1.0 m×2.0 m×0.5 mの絶縁体ケースに収納され、サイト-81██の中脅威(非自律行動タイプ)オブジェクト保管室にて保管します。SCP-215-JPはインターネット通販にて現在も販売されている可能性があるため、諜報部門はこれをすべて回収してください。現在、SCP-215-JPを用いた実験は如何なる場合にも禁止されています。

説明: SCP-215-JPは家庭向けイルミネーションセットの形をしており、複数の構成要素からなります。その異常性によって不可解な行方不明事件を多発させたため財団による調査対象となり、オブジェクト発見にいたりました。SCP-215-JPを販売していた業者はSCP-215-JPとよく類似した通常のイルミネーションセットを販売しており、何者かが意図的にSCP-215-JPを混入させた疑いがあります。
SCP-215-JPの異常性は夜間のみ発現します。一般のイルミネーションと同じく家屋に設置されたSCP-215-JPは約3日ほど不活性状態のままですが、その時期を過ぎると徐々に何らかの『成長』を開始します。オブジェクトの構成要素(SCP-215-JP-1に指定)たちは形状に拘わらず肥大化し、その限界がくると家屋本体あるいはその内部へと侵入を始めます。また、その間にSCP-215-JP-1は分裂・新造を繰り返していくため、イルミネーションは日に日に華美になり、消費電力量は増大します1しかし設置家庭の人間は何らかのミーム汚染によってそれを認識できない状態に陥るようです。SCP-215-JPの光に一定時間以上晒された者にはこのミーム汚染が発生するようです。
大体10日から14日でSCP-215-JPは成長の限界点を迎え、その頃には家の内外を問わずSCP-215-JPが網羅するようになっています。限界を迎えたSCP-215-JPは寄生している家屋を更に幾重にも被覆し、数秒間に渡って全体が最大輝度で発光、その後自発的に無力化します。この現象は夜間、内部に人間が存在している場合のみ発生します。これまで確認された全ての例に於いて、内部にいた人間はあらゆる手段で観測できなくなり、消失します。また、消失現象後の家屋からロープ状のSCP-215-JP-1の一部が棺桶に類似した人型の空洞を持った状態で発見され、SCP-215-JPが消失現象時に室内の人間を拘束することが判明しています。

名称 形状 説明
ストレートライト 1000~2000球の発光ダイオード電球が並べられたロープ型の電飾。色・長さには様々な種類が存在する模様。 最も成長による変化が著しい。全長[削除済]、直径[削除済]にまで成長した個体も存在。触手のように這い回ることで家宅内部への侵入などを行うことが可能。
カーテンライト 窓やベランダから吊り下げることで壁面を飾る。同上。 ストレートライトほど自由には行動できず、ツル植物のように回転しながら成長し壁面を埋め尽くす。成長も著しい。
モチーフライト(サンタ) デフォルメされたサンタクロースの姿を模したプラスチック製のランプ。 成長で巨大化するなどの肥大化は確認されていないが、個体数が著しく増加する。重量が最も重く、活動的に動き回るため窓ガラスなどを破壊して内部侵入を行う場合もある。
モチーフライト(トナカイ) デフォルメされたトナカイの姿を模したプラスチック製のランプ。 同上。特徴として本物同様の硬度を持つ角を有し、これを用いて目撃者を[削除済]。
モチーフライト(乗り物) ソリや自転車などを模したプラスチック製のランプ。 同上。成長すると時速[削除済]で移動する個体も存在。

 

実験記録215-い - 日付20██/██/██

対象: 一般的な戸建て住宅、SCP-215-JP、Dクラス職員2名

実施方法: エリア-8102 野外実験場に建設された住宅(各種観測装置を内蔵)にSCP-215-JPを寄生させ、その内部にDクラス職員1名を軟禁。またもう1名を向かいにテントを敷設して生活させ、SCP-215-JPの成長現象及び消失現象を記録します。

結果: 実験開始から5日後までにDクラス職員2名のミーム汚染を確認。10日後に成長が限界点を迎え、消失現象が発生し、Dクラス職員1名が消失しました。消失時に観測装置の殆どが観測不能となった上、室内から微量の放射線が検知されましたが、詳細は不明です。消失現象後の室内を探索した結果、人間の体を覆うような形状のまま固定されたSCP-215-JP-1が発見されました。就寝中のDクラス職員を物理的に拘束していたものと思われます。

分析: Dクラス職員のうち1名は家の中に入れず、向かいのテントで生活させていた。にも拘らずミーム汚染を受けたということは、恐らく汚染の拡大条件は別個に存在するものと思われる。消失現象については今後も実験を継続していく。 - ██████博士

 
 
実験記録215-に - 日付20██/██/██

対象: 300平米程度の2階建て住宅、SCP-215-JP、Dクラス職員15名

実施方法: エリア-8102 野外実験場に建設された住宅(各種観測装置を内蔵)にSCP-215-JPを寄生させ、その内部に観測機器と護身用の武装を携帯した合計15名のDクラス職員を軟禁。SCP-215-JPの成長現象及び消失現象を記録します。また、参加するDクラス職員を初日から住宅で過ごすグループ(5名)とミーム汚染を避けるべく消失現象直前に住宅に侵入するグループ(10名)の2グループに分け、情報収集の完了後、可能であれば脱出を試みさせます。

結果: 初日グループのミーム汚染は3日目に確認。直前グループは突入時にSCP-215-JP-1の妨害により4名の死者を出し、内部侵入後も5名の死者を出しました。その後消失現象の兆候が見られたため、脱出を試みたところ、SCP-215-JP-1群はこれまで危害を加えていなかった初日グループを含むDクラス職員たちを攻撃及び拘束。遠隔操作兵器による支援攻撃も効果は薄く、全員が脱出に失敗しました。その後消失現象が発生し、Dクラス職員6名が消失に巻き込まれました。

分析:多数の重傷者を出した前回前々回の実験を踏まえて参加人数を限界まで増やしたが、脱出には失敗した。家屋を破壊しない限り、SCP-215-JPは何としても内部の人間を生きたままどこかへ連れて行こうとするようだ。 - ██████博士


 
 
補遺: 実験215-に 終了から3日後、実験に使用した2階建て住宅の解体作業中にに突如として実験215-に に参加していたDクラス職員の遺体が出現しました。遺体は消失現象前にはすでに死亡していたとみられ、遺体の服には日本語で書かれたメッセージが書かれていました。

『ナス寄越ヲ品良不』

現在遺体の所持していた観測機器のデータ解析が進められています。

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 18 Dec 2014 17:01
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website