nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-052-CN コイン
SafeSCP-052-CN コインRate: 42
SCP-CN-052

アイテム番号:SCP-CN-052

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-CN-052はサイト-CN-34の高危険度物品収容区画にあるロッカーの中で保管されます。

説明:SCP-CN-052は全部で76枚の硬貨で、中国国内で流通する1元硬貨と同一の外観をしています。

SCP-CN-052の異常な性質は、SCP-CN-052を所持する人物(以下、SCP-CN-052-aと呼称)が、"開いた"状態の機械(飛行機のエンジンや、ボンネットの開いた車など)のそばを通った時、硬貨をそれらの機械の中に投げ入れたくなるという、強い衝動が生じる点にあります。SCP-CN-052-aはこの投げ入れる行為について「幸福祈願」の為であると主張します。投げられる硬貨には、必ずしもSCP-CN-052が含まれる訳ではないということを留意してください。

一般的な状況下において、こうした行為により投げ入れられた硬貨は、機械を損傷し、破壊させるような位置に引っかかります。機械がなおも正常に稼動し続けた場合、SCP-CN-052-aは機械の内部に侵入し、硬貨を掻き出そうと試みます。SCP-CN-052-aはこれを「自分のお金を取り戻す」為に行うものであると主張しています。多くのケースにおいて、SCP-CN-052-aは投げた硬貨が回収できなかったとしても、困窮することのない生活環境にあり、自発的に高価な硬貨を投げ入れることもないという事実は特筆すべき点です。

実験番号:CN-052-1
日時:20██/██/██
実施場所:サイト-CN-34の1階にある食堂
実施対象:D-052-1
実施方法:D-052-1に1枚のSCP-CN-052と2枚の印を付けた異常性の無い硬貨を与え、サイト-CN-034の食堂にある、作動していないエアコンのそばを通過させる。
結果:D-052-1は問題無く通り過ぎた。

分析:見たところ、作動していない機械には反応しないようだ。

実験番号:CN-052-2
日時:20██/██/██
実施場所:サイト-CN-34の食堂
実施対象:D-052-2
実施方法:D-052-2に1枚のSCP-CN-052と2枚の印を付けた異常性の無い硬貨を与え、サイト-CN-034の食堂にある、作動しているエアコンのそばを通過させる。
結果:D-052-2がエアコンのそばを通った時、突然、手に持っていた硬貨をじっと見つめだし、その内1枚をエアコンの吹き出し口に投げ込んだため、送風機構の損傷が引き起こされた。事後調査により、硬貨はちょうどエアコンの送風機構に引っかかっており、これにより排水が制御できなくなっていたことが判明した。特筆すべきことに、このとき投げられたのは異常性の無い硬貨であった。

分析:食事前に実験を行って良かった。Hannah博士にひどくひっぱたかれていたことだろう。——Tictoc博士

実験番号:CN-052-3
日時:20██/██/██
実施場所:サイト-CN-34の食堂
実施対象:D-052-3
実施方法:D-052-3に1枚のSCP-CN-052と2枚の印を付けた異常性の無い硬貨を与え、サイト-CN-034の食堂にある、作動中の扇風機のそばを通過させる。扇風機には羽根を覆う金属製のガード部分が存在する。
结果:D-052-3は扇風機に向かい、全ての硬貨をばら撒いた。2枚の異常性の無い硬貨のうち、1枚はガード部に当たり、1枚は羽根に当たった。SCP-CN-052は羽根の回転に巻き込まれ、何度も羽根に当たりながらも弾き出されずにいたため、羽根は深刻な損傷を受けた。D-052-3は苛立ち始め、拳でガード部を猛然と殴りつけた。これにより、SCP-CN-052は扇風機から飛び出し、天井に当たって跳ね返った後、扇風機のモーター部分に入り込み、回転を停止させた。D-052-3はTictoc博士の麻酔銃によって昏倒させられ、実験は中止。

分析:まるで、機械の心臓部がどこにあるのか知っているかのようだ。

実験番号:CN-052-4
日時:20██/██/██
実施場所:サイト-CN-34の食堂
実施対象:D-052-4
実施方法:D-052-4に1枚のSCP-CN-052と8枚の印を付けた異常性の無い硬貨を与え(その内2枚は、価値のやや高い2ポンド硬貨)、D-052-4に対しこれらの硬貨を昼食費だと伝えると共に、サイト-CN-034の食堂にある作動中の羽根無し扇風機のそばを通過するよう指示する。
結果:D-052-4は扇風機のそばを通ると、2枚の2ポンド硬貨をズボンのポケットに入れ、残った全ての硬貨を扇風機に向かってばら撒いた。しかし、意外にも全ての硬貨が羽根なし扇風機を通過した。D-052-4はしきりに振り返り、床に落ちた硬貨を確認していた。食事に行っても良い旨が伝えられると、D-052-4は焦燥の様子を示し始め、羽根なし扇風機に向かって駆け出し、全く引っかかっていないにも関らず、自分の身体を扇風機に突っ込んだ形で硬貨の捜索を始めた。職員は引き剥がしを試みたが、D-052-4は「俺の金が要るんだ」と叫びながら、扇風機を破壊した。D-052-4は硬貨を拾い上げた所で、落ち着きを取り戻した。その後、Tictoc博士の麻酔銃によりD-052-4は昏倒させられ、実験中止。

分析:彼は明らかに、扇風機の裏に回り込むだけで良かった。特に注目したいのは、財団の最高級の御馳走を注文したい時は、4ポンドもあれば十分だということだ。

皆が食事をしている時に、こうした大掛かりな実験を毎回行う必要があるのでしょうか。 ——Hannah博士

Tictoc博士の麻酔銃によって昏倒させられる直前、D-052-4は突如として床から起き上がり、拾ったばかりの硬貨を清掃スタッフ・[データ削除]に向かって投げつけた後、彼女の両足に激しく噛みつきました。D-052-4が昏倒した時、ポケットからSCP-CN-052が落ち、床で跳ね返った後、清掃スタッフ・[データ削除]の膝に当たりました。SCP-CN-052は食堂にいた群衆の間を往復しながら跳ね回り、最終的に消失しました。

倫理委員会はTictoc博士への処分を免除する決定を下した。 ——O5-7

初期収容記録:
中国の██市██空港において、1人の老齢女性が旅客機に搭乗する直前、「幸福祈願」と称しながら、エンジンに硬貨を投げ入れる事件が発生しました。当初、財団は旅客機の異常を見つけられなかったため、滑走中に機体が出火し、事後調査により、SCP-CN-052が発見されました。財団は関係者にAクラス記憶処理を施し、事実を隠蔽した上で、硬貨は出発直前に既に発見されていたとするカバーストーリーを流布しました。

倫理委員会としては、この事件以来、大衆の警戒が高まったことに関しては、未発見のSCP-CN-052の収容に役立つものとして考えている。また、実験中に消失したSCP-CN-052の捜索は、依然として続けられている。 ——O5-13

ミームチェックをクリアしました。ようこそ、O5様。

from:Tictoc to:O5評議会

まず言わなければならないのは、あの老婆は壊れた神の教会の信徒ではないということだ。
我々の信徒は機械を崇拝しているにも関らず、汚らわしい肉体を有している。だが、教会は血肉を保持する信徒を排斥したりはしない。
私が反旗を翻し、財団に逃れた時期でさえ、腕と肩甲骨だけしか機械に改造されることはなかった。…しかも、それは現在も同様に、分厚い肉と骨の下に覆われている。

その通り。壊れた神の教会は、機械を熱狂的に崇拝する、ある種の邪教である。

だからこそ、我々は「幸福祈願」を謳いながら、エンジンにコインを投げ込むような真似は、絶対にしない。
要するに、「教会は悪を為さず」ということだ。



それで、O5諸君…この文書を見ている君もだ。君達はあのインシデントログから、何を見出だしたのか?

私は実験を行う前から、052の異常な性質を知っていた。私があのコインを触ろうとした時、それらはひとりでに、私の手に飛び込んできた。
私の腕には機械が内蔵されている。このコインは人が持っていない時でも、機械に誘引される…これが、私が導き出した最初の結論だ。

私は間違いなく、上記の実験ログに、この異常な性質を書き記した。確かに書き記したんだ。しかし、財団データバンクにも、アーカイブにも残されていなかった。

私が当時、実験室ではなく、食堂での実験を選んだのは、食堂の清掃スタッフである、[データ削除]と一緒に居る状態で、何が起きるかを見てみたかったからだ。結果は予想通りだった。コインは彼女の体内にあった、機械の部品を識別したのだ。

これは合理的な実験だった。かつて、私は教会において彼女の神父を務め、私は彼女の膝が教会の手術により、機械に置き換わっていたことを知っていたからだ。彼女が財団に来たことについては、私は一貫して理解している。人はみな、家族を養わねばならないからな。

しかし、私は驚愕した。あのコインは、食堂で食事をしていたエージェントとDクラスの間を、絶えず往復して跳ね回り、遂には消えてしまったのだ。

これで、私の知っている事は全て言い尽くした。次は、君達の知っている事を言ってもらうとしようか——

…諸君は、一体何人の信徒を捕まえ、記憶を消し、DクラスやCクラス職員に仕立て上げたんだ?
あの日、食堂には何人いた?財団内に何人いるんだ?あの後、更に何人やって来た
諸君は私に対し、あれは邪教で、人心を惑わし、機械を用いて人体を改造すると語った。…間違ってはいない。これも私が財団に来た一因だからな。
だが、それでどうしたんだ?貴様等は一体、何をやらかしたんだ?

貴様等、全員、何を、しでかした!

——Tictoc博士

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 30 Jun 2018 10:08
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website