nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2525 宇宙からの放送
EuclidSCP-2525 宇宙からの放送Rate: 117
SCP-2525

アイテム番号: SCP-2525

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2525は、床から0.5mの位置にレーザー動作検出システムが設置された1.5mのPMMAチューブ内に収容されます。レーザーが作動した場合、サイト管理者Bresescu、Ross研究員 、Krasniewski研究員に警報が送信されます。適切な通信記録を保証するため、勤務中の研究者は即座にSCP-2525-1の部屋の様子を報告し、活性化イベント中からイベント後は対象を監視してください。

SCP-2525-1は標準生活地区に収容されます。SCP-2525-1はサイト管理者に許可された運動や精神的刺激のためにサイト-22の非重要エリアへの護衛を伴ったアクセスが限定的に許可されています。SCP-2525-1のセキュリティクリアランスは公式に無効化されており、他の収容対象への接触は許可されません。現在のところ協力的ですが、SCP-2525-1の一部が虚偽の兆候を示した場合、サイト管理者が適切と考える懲戒処分がなされます。

SCP-2525-1による全ての録音はレベル4セキュリティクリアランスサーバーに保管されます。各活性化イベントの終了後、新たな録音はサイト管理者によって全てチェックされます。

説明: SCP-2525は金属とポリマー製の高さ40cm、直径9cmのシリンダーで、片側にひれ型の三脚を備えています。内部の80%は粘性の物質で満たされており、SCP-2525の成分である金属とポリマーと同様、この物質の判定は今のところ不可能です。

8〜32日毎に一度、SCP-2525は活性化し空中に1mの位置に浮上します。初期位置に戻るまで10〜12秒間その位置で静止します。この活性化段階中、SCP-2525は緑色の光線を放射し、その内部物質は沸騰しているように見えます。

SCP-2525の活性化状態は、SCP-2525-1(以前は次席研究員T██████ L███)による通信の受信を示します。これらの通信に含まれる情報は主として、サイト-22を中継地点とした地球外文明による地球侵略の詳細な段階を戦略的かつ戦術的に示した概略図で構成されています。通信には時折、SCP-2525の以前の所有者へ向けたプロパガンダや煽動的演説、地球やその住民についての情報が含まれます。これらの通信の発信源は現在不明です。

SCP-2525は現在SCP-2525-Nに指定されている地球外起源の生物と共に回収されました。SCP-2525の回収についての更なる情報は、文書2525-Aを参照してください。

補遺: 通信の解析により、それらを放送している実体は通信を受信している対象の精神へある程度進入できることが明らかになりました。SCP-2525との接触以降、SCP-2525-1のセキュリティクリアランスは財団での職務を続けるためにレベル1に制限されていましたが、これは████/██/██以後は無効になりました。サイト-22のほぼ完璧な見取図は既にリークされているため、SCP-2525-1は非重要エリアへアクセスした可能性があると判断されました。極秘情報の更なる放送を防ぐために記憶処理が施されています。

アイテム番号: SCP-2525

オブジェクトクラス: Keter Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-2525は強化鉄で構成された5m x 5m x 3mの格納装置内に収容されます。収容セルは床と壁に遠隔作動可能な通電パネルが備えられた半径20mの補助収容ユニットで囲まれます。収容セルに窓はなく、強化された高セキュリティの扉が一つあるのみです。SCP-2525は防弾ガラスで保護された有線カメラにより絶えず監視されます。収容セルに対するいかなる損傷に対しても機動部隊オミクロン-9(響きと怒り)の隊長に報告がなされ、修理が必要と見なされれば彼らによってプロトコル2525-フィリグリーが開始されます(詳細は文書2525-フィリグリー参照)。

SCP-2525-1は、床から0.5mの位置にレーザー動作検出システムが設置された1.5mのPMMAチューブ内に収容されます。レーザーが作動した場合、クラーク博士と機動部隊オミクロン-9の隊長に警報が送信され、直ちに彼らによってプロトコル2525-アルカトラズが開始されます。

プロトコル2525-アルカトラズに関わる機動部隊オミクロン-9隊員は、各々ヘビーアーマーを着用し高電圧スタンガン警棒と高電圧テーザー銃を装備しなければなりません。メンバーのうち一人は追加で短距離超音波放射装置を携帯しなければなりません(仕様は文書2525-アルカトラズ参照)。機動部隊オミクロン-9に所属する隊員は、財団の標準持久力試験で95/100以上を記録していなければなりません。

説明: SCP-2525は地球外起源の人型生物であり、身長は2.3m、体重は145kgです。対象は二組のあご、複眼、翅脈を備えた膜上の翅、つがいに使用されていたと考えられている退化した第二の腕を有しています。上腕はそれぞれ1.4m以上で、先端には3本の指があり中央の指の長さは0.3mです。対象は通常兵器に対する耐性が非常に高いキチン質の鱗で覆われていますが、それが対象の動きを阻害することはありません。実験により100V以上の電流と1.5MHz以上の周波数の濃縮音に対する高い感受性が明らかになっています。

SCP-2525は俊敏かつ頑強であり、高い知性を有しています。対象は人間に対して敵対的であり、これまでに幾度と無く視界に入った職員に対してみだりに攻撃を仕掛けています。各上腕の長い指は鉄板に穴を開けることが可能であり、対象は長時間かけて収容セルの壁を損傷させることで収容違反を試みています。対象は収容セルを収容している各層を分解することで█回に渡って収容違反をし、構造の改善と積極策の再考が必要となりました(文書2525-フィリグリー参照)。収容違反中に職員が対象が中にいる収容セルへ入る必要があった時、対象は高所からの攻撃と職員を捕らえるためのトラップを用いた攻撃的かつ略奪的なふるまいを示しました。

SCP-2525は人間の耳には聞こえない高周波の音と舌打ち音、加えて範囲12mの直接的精神テレパシーを用いてコミュニケーションを行います。実験により人間の意思や行動への指示は出来ないことが証明されているため、対象の話す言語が翻訳されるまではこのコミュニケーション法が最も安全だと考えられています。テレパシーの影響の可能性が推測されていますが、対象は口語を理解しているように見えます。

SCP-2525は████/██/██にカスケード山脈で報告された爆発後に回収されました。SCP-2525と共に回収された巨大宇宙船の部品は現在はサイト-██に保管され、金属とポリマー製のシリンダーはSCP-2525-1に指定されました。

SCP-2525-1は高さ40cm直径9cmのシリンダーで、片側にひれ型の三脚を備えています。内部の80%は粘性の物質で満たされており、SCP-2525の成分の金属とポリマーと同様、この物質の判定は今のところ不可能です。

8〜32日毎に一度、SCP-2525-1は活性化し空中に1mの位置に浮上します。初期位置に戻るまで10〜12秒間その位置で静止します。この活性化段階中、SCP-2525は緑色の光線を放射し、その内部物質は沸騰しているように見えます。

SCP-2525-1の活性化状態は、SCP-2525による通信の受信を示します。これらの通信に含まれる情報の本質は直接確かめることは出来ず、SCP-2525を伴って行われるインタビューにより記録されます。現時点ではSCP-2525は一定した量の情報を与えられており、その情報にはプロパガンダ、煽動的演説、地球や人類文明、サイト-22を中継地点とした地球侵略の計画が含まれています。この情報源は不明ですが、情報はhomeworldから来ているとSCP-2525は主張しています。その世界の位置は不明です。

SCP-2525-1によって放送される情報の収集はクラス-1優先事項に指定されています。

インシデントログ2525-アルファ-12

クラーク博士が現地を離れ医療処置を受けていた████/██/██の12:56にSCP-2525-1が活性化。プロトコル2525-アルカトラズ中は次席研究員T██████ L███がクラーク博士の代理となった。次席研究員L███はSCP-2525の言語の音声録音を詳細に研究していたが、彼がSCP-2525と直接コミュニケーションするのはこの事件が最初だった。(事件報告はセキュリティ映像と後述のインタビューログにまとめられている。)

12:57: プロトコル2525-アルカトラズ開始。機動部隊オミクロン-9の隊員が安全に収容ユニット内へ入りSCP-2525を鎮圧。

13:04: 次席研究員L███が収容ユニット内へ入りインタビューを始める。SCP-2525はクラーク博士がどこにいるか知りたいと要求。初のテレパシー経験により次席研究員L███は明らかに動揺する。次席研究員L███は機動部隊メンバーの助けを断り、SCP-2525にクラーク博士は手が空いていないと知らせる。インタビュー続行。

13:45: SCP-2525が非常に非協力な為インタビュー継続時間が大幅に増加。SCP-2525は重要度の低いと考えられる情報しかもらさず、プロトコル2525-アルカトラズは撤回。収容ユニットから隊員が後退中、SCP-2525は通常と比較して活動的ではなかった。次席研究員L███によると、SCP-2525は何度もクラーク博士の所在を尋ねていた。

無神経かもしれませんが、再び医療処置中にシリンダーが活性化した場合に備えて、もし可能であればクラーク博士の化学療法を今後サイト上で行うことを提案します。SCP-2525は私を信用しておらず、私を嫌っていることは明らかです。私を信用させることは困難を極めるでしょう。 - 次席研究員L███

インシデントログ2525-アルファ-13

████/██/██、クラーク博士が要請を受け、機動部隊オミクロン-9を伴いSCP-2525収容ユニットへ入る許可を得る。クラーク博士は収容セルの扉を閉め、SCP-2525と対話する。クラーク博士側の会話の転写は以下。

SCP-2525、ナサニエル・クラークだ。私がいない間に助手とトラブルがあったと聞いたんだが?

うーむ、私は病気なのだよ。その治療を受けているから、君のインタビューの際にいつもそばには居られないかもしれない。彼にも私と同じぐらい協力的であってほしいんだが…どうかね?

そんなこと無いさ。T██は君の話す言葉の翻訳作業を頑張ってくれている。彼はそれが得意なんだ。君も我々ともう少し直接的にコミュニケーションを取りたくないかい?

君が知る必要のあるのは、インタビューに関してしばらくの間はこのままかもしれないということだ。私の治療がどれほど上手くいくかに掛かっているんだよ。もしまた問題が起こりそうなら、君の環境が今よりかなり不快なものになるかもしれない。わかってくれるかね?

この時点でSCP-2525の爪の一つがクラーク博士の頭上0.2mの位置の壁に穴を開けた。機動部隊隊員は電気ショックを用いてSCP-2525を鎮圧。クラーク博士を収容ユニットから連れ出した。無事プロトコル2525-フィリグリーが実行された。

私の腫瘍学医師は協力的なので、次席研究員L███の負担を軽くするために必要なことは何でもするつもりだ。彼にプロトコル2525-アルカトラズへの参加継続を強く求めるが、SCP-2525に彼の存在を慣れさせる手助けをするためだ。 -ナサニエル・クラーク博士

インシデントログ2525-アルファ-22

(注: クラーク博士の死後のSCP-2525に対する最初のインタビュー。聞き取れる次席研究員L███からの会話の転写は以下。)

いや、彼は今日ここにはいない。彼は…彼は死んだんだ。もし君が-

そんなもの私に向けるんじゃない。彼や他のことを君が気にするなんてらしくないな。

馬鹿な。やれ。

電気ショックがSCP-2525に与えられる。

私は彼について話すのに興味は無い、いいか? これは今から標準的インタビューで君が騒ぎ立—-

この時点でSCP-2525は咆哮を上げ、4本のショック警棒と1本のテーザーを受けているにも関わらず拘束を破壊。次席研究員L███は収容ユニットから逃げ出し、機動部隊隊員は鎮圧された。超音波装置はうまく機能せず、事件中に破壊された。機動部隊隊員全5名は収容セルから追い出され、SCP-2525は扉を閉鎖。報告された負傷は僅かだった。違反プロトコルが実行された。

エージェント M████████とサイト管理者Bresescuによる協議後、次席研究員L███が予備機動部隊隊員を伴い収容ユニットに再入場した。SCP-2525は収容セルの壁越しに声が聞こえる状態。

次席研究員L███: SCP-2525、聞いているか? [休止] 我々に出て行って欲しいようだ。

エージェント M████████: プロトコル2525-アルカトラズは継続中です。対話して下さい。

次席研究員L███: こんな状況にふさわしいプロトコルがあるだろうに。えー、SCP-2525、君にまだ協力する意思があるなら、今我々が話しているようなインタビューを続けても構わないかね? [休止] SCP-2525?

SCP-2525は職員が話している81秒間全く発声しない。

次席研究員L███: くそっ。奴はクラーク博士のことでぶっ壊れてると思う。彼の名前をもう何回も聞いてる。

エージェント M████████: からかってるのか?

次席研究員L███: 「彼を助けられる」もしくは「彼を助けられた」といった様な声を確かに聞いたよ。私は知らないがね、条件法が本当に—

SCP-2525は大きな唸り声を上げ、それは金切り声で終わった。

エージェント M████████: 研究員をここから連れ出せ!扉を開けろ!

収容セルの扉は動かず、アセチレントーチで開けるまでに20分を要した。機動部隊オミクロン-9はセルを確保し、首が切り落とされたSCP-2525を発見した。████/██/██、対象はNeutralizedに分類され、SCP-2525-1はanomalousオブジェクトに再分類された。

補遺: インシデント2525-アルファ-23: インシデント2525-アルファ-22から21日後、anomalousオブジェクト25341が活性化。その際サイト-22のランチルームにいた職員は「緑の光線が次席研究員L███に入った」と報告。収容は再開され、対象はSCP-2525へ再分類された。

回答者: SCP-2525-1、以前は次席研究員L███

質問者: Krasniewski研究員

序: インタビューを記録することがSCP-2525-1から████/██/██に要求されました。

<記録開始>

Krasniewski研究員: SCP-2525-1、このインタビューを要求した理由を聞かせてください。

SCP-2525-1: SCP-2525に関して財団に協力を続けるという意思をはっきり示したいのです。また、SCP-2525-Nの記録を整理したい。それは今2525-Nですね?

Krasniewski研究員: ええ。続けて下さい。

SCP-2525-1: わかりました。私は以前それについて何かを言ったでしょうが、スキップに指定されて以来、私の人生は一種の…

Krasniewski研究員: 焦らないで。

SCP-2525-1: そうですね。ありがとう。さて、SCP-2525とそれがどこから来たのかについて我々がこれまでに知っている全てのことは、SCP-2525-Nと我々が行ったこれらのインタビューによるものです。ええと、結論を言うと、彼らの言うことは全て嘘です。SCP-2525は最初から我々に嘘をついており、計略…実に衝撃的な嘘の芝居を我々がそれを収容していた間ずっと続けていたのです。

Krasniewski研究員: 続けて。

SCP-2525-1: まず第一に、その人々は我々を侵略しようなどとは思っておらず、実際の所彼らは我々を助けようとしているのです。これら放送で言われていることを今見返すと…それは全て未来を見据えた先端技術の計画…そう、人類の生活を向上させる一般的な方法です。そして我々の生活のみではありません。彼らは非常に大量のシリンダーを宇宙にばらまき、彼らが原始的と判断した種に放送を行っているのです。

Krasniewski研究員: それでは侵略計画は…?

SCP-2525-1: 完全なでっち上げです。軍や何かに見せかけていたのです。その理由は私にはわかりませんが、「古巣へ帰れ」という言い回しが新しい医療処置や道具の概略図に多く見えます。

Krasniewski研究員: これについてクラーク博士はどこまで知っていたのでしょう?

SCP-2525-1: それは…どうだったか私が知ることはないでしょう。私の推測ですがおそらく彼はある程度知っていた、いや、知っていたのではないかと思います。しかし彼はずっとそれを私に打ち明けなかったと。どちらにせよ、SCP-2525は彼に懐きましたが、欺瞞を抱え続けた…ああ、彼を尊敬します。彼こそが聡明な存在でした。それこそ私がそれ以前…ええと…SCP-2525の自殺以前に教えられた最後の事です。

Krasniewski研究員: わかりました。他に言いたいことは何かありますか?

SCP-2525-1: 私は、あー、私はそれを記録しただろうから覚えておくことができるでしょう。もし私が、何というか、何か他に記録すべきことがあっても。ハハ。だから、そうですね…気にしないで。ええと、私の言うことは全てシリンダーから送信されることですが、今なぜシリンダーが私に送信するのか私にはわかりません。SCP-2525が死んだ時そばに居たからかもしれないと推測しているが、わからない。ところであの過程、それはまるで……突然だが、忘れていた何かを思い出しました。しかし、そうだ、それは私が知っているはずのない何かです。

Krasniewski研究員: それで全てなら、このインタビューを終了します。

SCP-2525-1: やあ、ステラ…

Krasniewski研究員: T██?

SCP-2525-1: SCP-2525-1のことかな? [笑う] 見ろ、私は…今どのような要求をしたのかもわからない。私のセキュリティクリアランスは外されて昔のプロジェクトにアクセスできないが、私は何かすることが必要で、そうでないと私の糞ったれな記憶が失われていく。SCP-2525-Nの昔の音声記録を入手できるなら見せてもらってもいいかね?言語の翻訳についてかなり進捗があったんだ。

Krasniewski研究員: 頼んでみましょう。言ってもしょうがないかもしれませんが、すみませんでした。

SCP-2525-1: 別にいいさ。これはこのインタビューが終わった瞬間静かになるんだ。巨大なバーサーカー宇宙人と、彼らが我々を救いたがってると財団が認めるかは全く別の話だ。

<記録終了>

結:SCP-2525-1の以前の財団への貢献を考慮し、すべての情報の継続的暴露を条件として、対象へ身体的・肉体的刺激を与えるためのより緩い収容プロトコルが実行されました。ブラックアウト指令2525-145に従い、通常アクセスできる収容手順にこの情報は含まれていません。

クラーク博士は彼の死後にアクセスされることを想定した多くの音声ファイルを残していました。以下は████/██/██に記録された彼のSCP-2525-Nに対する考えを述べた物の転写。

時刻は…早朝1時45分。SCP-2525について話したい。

その生物はその危険性と同じ程素晴らしく、まだ彼の振る舞いには私に疑問を抱かせる何かが有る。私自身が収容手続きを制定し、職員がみだりに攻撃を受けたことは疑いようもない。しかし、これらの事件を振り返るにつれ、私はSCP-2525が実際のところ誰も殺めていないことに気がついた。確かに死者はいる、巨大な刃の先端によって被った度重なる負傷によってだ。しかし、確認のために私が調べ直したところ、その傷自体が致命傷だったことは無かった。失血は格納装置の再建による医療アシスタントの到着の遅れや、壁に向かって投げられ意識を失ったことが原因だった。

その話の面倒な要因、それはそのような道が私をどこへ導いているのだろうという恐れについて私が熟慮しないようにした謎である。それは収容している多くのオブジェクトを監督するのに有益だった。というのも単純に私にはとりわけ一つのことを考えるのに専念する時間がなかったのだ。私は今彼らを観察しながらピースを配置しているので、私の後継者が私ができなかった整理をしてくれるかもしれない。私はしたくない。

SCP-2525は非常に聡明だ。彼の最後の収容違反のセキュリティ映像をみるだけでそれが十分に分かった。さらに彼は収容ユニットの壁に穴を開けること、進路上の物に攻撃することに何日も費やしていた。彼と共に回収されたようなデバイスを作成するためには彼らの種族に高い知性があることは間違いないが、彼の行動はそのような存在の行動ではない。彼は兵隊ではなく、侵略の前に我々の状況を確かめるために送られてきた先発の偵察兵とすると筋が通る。スタン警棒の脅迫下に無い時に彼と私が対話を行ったことを考えるに、心ないバーサーカーの典型例というのはおかしいのだ。

他にもある。プロトコル2525-アルカトラズ以前、我々はSCP-2525-1が行っていることを理解できていなかった。しかしその制定後、SCP-2525内に流れ込んでいるであろう通信を我々は理解したのか?できていない、そしてこれらインタビューの言葉を信用もできない。尋問、そう呼ぶべきだろう。苦痛を伴う尋問は効率が悪く信用出来ない情報抽出の手段だと幾度も証明されていないだろうか?

SCP-2525が我々に話してくれたことの全てとは言わなくとも大部分が嘘であると心から確信している。それらの嘘の背後にどのような真実があるのか、私は想像することしかできない。これら尋問から得られた報告を見返してしばらく経ったが、もし見返さなければ…いや、私には穴が物語上に現れるだろうと思うしかない。我々には敵意を持った存在、施設内の聡明な嘘つきがおり、それが示すものが何か見出せていない。その収容に対する現在の我々のアプローチでは何も見出だせないだろう。ああ、だがそれはお互いの問題だ、そうだろう?

[52秒の休止]

これは言うべきなのか分からないが、これが聞かれる頃にはこの病気により私の在職期間は無いものとなっているだろう、だからもうやけくそだ。私はSCP-2525が孤独なのだと思う。彼はしたいからではなく、しなければならないと感じているから行動しており、これが彼を彼自身の本質から引き離している。これは彼が私の精神に入ったことで私が達した結論だ。言葉以上の概念で彼とコミュニケーションしている際に彼が言った全てのことを記す方法は無い。例えば私は彼の名前を知っているが、どうやって言えばよいのか全く理解できない。私も言われたことはないからだ。

以前言ったようにSCP-2525は知性を持った生物であり、彼が全く同じ考えで私を見ていると信じている。君は私が今言ったことが馬鹿げていると思うかもしれない。気休めかもしれないが、それは静脈を流れる化学治療のせいだ。どんな癌よりも私の体力を消耗させる。SCP-2525は私を友人と見てくれていると信じている。全ての無理強いされた供述の根底には悲しみがあり、彼が私と直接話している時は対等でありそれが軽くなっていると信じている。例え彼が私を攻撃したとしても、それは嘘の芝居を続けるためだろう。私の一部は彼を閉じ込めてそのように扱う必要性に強く反発している。我々は彼の本質からより多くのことを学べるはずだ。しかし私は人生を科学に捧げてきた科学者であり、観察することしかできない。確かに馬鹿げたセンチメンタルかもしれない。以上が彼に対する全てだ。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 19 Mar 2016 06:09
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website