nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2777 王になろうとした彼
EuclidSCP-2777 王になろうとした彼Rate: 117
SCP-2777

SCP-2777は収容違反を起こしている。この文書のクリアランス制限はO5評議会の指示により4/2777から2/2777まで下げられた。以下の取扱方は既に破綻している。この文書を受け取ったということは、お前はオペレーション"Yari"に配属されたということだ。お前の第一任務は、SCP-2777の収容の再確立だ。忘れるな。収容は確実でなければならず、再収容ならばなおさらそうであるということを。失敗は許されない。

以下の文書は以前のSCP-2777に関する資料だ。我々のSCP-2777に関する知識の多くが誤りだと急速に理解されつつあるため、財団には現在のSCP-2777に関する文書が存在しない。以下の文書を読む際には、認識論的に正しいだけだということを忘れるな。更なる詳細は、評議会の指示を仰げ。

我々は何よりも確保を優先する。

O5-7



eGQydjd0MTI=_o_apollo-20-alien-spaceship-on-the-moon.jpg

中央の長方形の構造がSCP-2777であり、事件2777-D3の際に一時的に姿を現した。写真は衛星から撮影。

アイテム番号: SCP-2777

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2777の周辺地域は私有の農地として██████政府のデータベースに登録されています。周囲に近づくあらゆる個人は拘束・尋問され、クラスA記憶処理を施された後に解放されます。衛星写真中に存在するSCP-2777の痕跡は隠滅されることになっています。SCP-2777の南端から30キロメートル南にサイト-██が設立されています。再構築事象がSCP-2777の外に及んでいる場合、割り当てられた全職員はサイト-██に避難します。

現地の主席研究員が事象-2777-EXOが始まっていると断定したならば、必要な人員がサイト-██から選抜されます。SCP-2777全体の数カ所に設置された爆薬が起爆されます。SCP-2777-1はこの時点では終了されません。この手順で事象-2777-EXOを阻止できなかった場合、クラスA(通常兵器)からクラスG([編集済])までのミサイル攻撃が順次許可されます。標準的対現実改変型脅威収容プロトコルにしたがって、首輪爆弾がSCP-2777-1に装着されています。事象-2777-EXOが継続している場合、首輪爆弾によるSCP-2777-1の終了が認可されます。

事象-2777-EXOの間、SCP-2777の可視性を低下させ一般への露出を防ぐために自動化された大気操作/調整システム(AMRSs)が配備されます。AMRSによるSCP-2777の隠蔽が不十分であった場合、エアロゾル化クラスC記憶処理薬を周辺の人口密集地に対して散布することが許可されています。再構築事象後、財団エージェントが一般人に対する記憶処理を完了するために展開されます。

説明: SCP-2777は大まかな円筒形をした人工構造物で、長さはおよそ36キロメートル、最北端は北緯4█°█'█.██",東経8█°█'██.██"、最南端は北緯4█°██'█.██",東経8█°█'██.██"に位置します。半径は平均して600メートルです。SCP-2777の大部分は地中に埋まっており、本体から突き出た幾つかの突起のみが地上に現れています。さらに、南端部のおよそ300メートルも地上に現れており、構造体は地表面に対して傾いていることが示唆されます。放射性炭素年代測定から、SCP-2777は少なくとも█████年間地中にあったことが示されました。SCP-2777は外見的に岩石に似た未知の物質からなり、劣化の兆候を一切示していません。探索チームによって、SCP-2777の内部はそれを輪切りにする形で7つの巨大な空洞に分かれており、一連のトンネルによって相互に接続されていることが報告されています。全ての空洞は既に探索が行われていますが、トンネルの発見と探索は未だ続いています。いくつかのトンネルは瓦礫によって塞がれているか、完全に崩落しています。

SCP-2777の中央の空洞に通じるトンネルはほぼ全て、巨大な門によって空洞の入り口付近で封鎖されています。1つの門は開いたままになっていて、中央空洞へ進入可能です。中央空洞への進入と同時に被験者は地球の重力場から解放され、宇宙空間に似た真空の空間に進入します。他のトンネルへの門はSCP-2777の内部配置と一致した場所に浮遊しています。中央空洞に見られる天体は、銀河系に見られる天体に一致しています。

SCP-2777-1は、中央空洞の"中心"(ここはSCP-2777の構造の中心でもある)で静止しています。SCP-2777-1は外見的に人間の男児に似たヒト型実体です。しかし、X線CTスキャンとPET走査では体内の複数の解剖学的異常(詳細は文書-2777-A3を参照)が明らかになりました。中央空洞の内部ではSCP-2777-1に由来すると推定されるテレパシーを聞くことができます。SCP-2777-1の呼吸、心拍、代謝率は非常に緩慢です。さらに、現在までSCP-2777-1の運動は記録されておらず、SCP-2777-1は意識はあるものの身体は休眠状態にあることが示唆されます。

現実改変事象がSCP-2777内部および周辺で散発的に発生します。事象の舞台として最も一般的な場所はSCP-2777内部の空洞です。これらの事象はSCP-2777-1と関係しています。SCP-2777-1は通常これらの事象に対する責任を主張せず、追及にも応じませんが、事象発生中においては彼の責任を強く暗示させるような声明を発信します。現実改変事象は大抵の場合、空洞の内部を新たな環境に再構築するものです。事象が1つの空洞内部にとどまらない場合、典型的に事象はより危険なものとなります。一般的に、再構築された環境には地球の物体に見られないような特徴がありますが、環境の消失が早過ぎるためにどの調査でもこれを記録することに成功していません。知性を持った生物学的存在が再構築の結果として時折出現しましたが、これらの存在は一様に混乱しており、通常は敵対的行動をとります。再構築事象終了と共にこれらの実体は消失します。

the-city1.jpg

再構築事象中にSCP-2777内部で見られた都市

事件記録2777-D3: 現在までに最大の現実改変事象は197█/██/██に発生したもので、SCP-2777の周囲、半径5kmが置換されて再構築されました。置換された地域へ送られたドローンは未知の惑星を周回する軌道上に進入したようで、軌道上ではSCP-2777に類似した7つの物体が確認されました。それぞれの物体は程度の異なる損傷を受けており、いくつかは完全に破壊されていました。物体の1つは、別の1つの物体に向けて突進しているようでした。ここから、SCP-2777は兵器として使用可能な何らかの宇宙船であると推測されます。これが真実であるならば、SCP-2777は地球外に起源を持ち、財団を遙かに凌ぐ技術力を持った文明または種によって造られた可能性が極めて高いものとなります。このため、SCP-2777が情報の送信あるいは地球からの脱出によって彼の文明に接触することは全力を挙げて阻止しなければなりません。

補遺2777-A:

遠隔ドローンがSCP-2777の偵察と異常特性の性質の決定のために展開され、その後に機動部隊タウ-3 ("月面歩行者") が残る空洞の調査、重要な考古学的アーティファクトの回収、中央空洞への進入を目的として配備されました。SCP-2777内部での最初の任務において、機動部隊タウ-3はSCP-2777-1に遠隔制御の爆薬を取り付けました。

機動部隊タウ-3は推進機構を備えた船外活動スーツ、標準機動部隊用武装、標準機動部隊用記録装置、空洞内の移動に用いる懸垂下降器、テレパシー入力を音声に翻訳し出力する機材を備えており、管制センターはサイト-██に設置されました。5名の機動部隊タウ-3隊員(アルファからエコーと指定)が展開されました。任務は199█/██/██に実行されました。

機動部隊タウ-3は最初の空洞を迂回するため表面の突起から進入する。ビデオ映像には突起側面に開いた大穴が映る。これはSCP-2777内部に至る破壊された門であると推察されている。

アルファ: タウ-3より管制センターへ。これより内部へ突入する。用心し、警戒を怠るな。

ブラボー: 指示に従い、俺たちは生きて帰るぞ!

チャーリー: ああ。そんでもって覚えておけよ、もしもお前がファッキンなことに遭遇しちまっても、会ったことがない世界中の奴らは誰もお前の犠牲に感謝しないし気にもかけないってことを。

機動部隊タウ-3はSCP-2777の空洞の内の1つを進行中。映像から、空洞の底はかつて、人類がSCP-2777を発見して居住していたことを示す石造りの小屋で占められていたことが示される。室内の光源は機動部隊タウ-3の照明装置のみ。

ブラボー: こりゃあおかしいぞ。砂漠のド真ん中の地下に、こんな建物が作れるはずがない。

デルタ: なんだって?じゃあ僕たちは今、異常な石材を調査してるって事なのか?

エコー: その通り。我々は1つの大きな異常な岩を調査している。

管制: タウ-3、気を付けてください。現実改変事象の兆候があります。繰り返します。現実改変事象の発生が迫ってきています。すぐに脱出してください。

アルファ: トンネルはどこだ?
管制: 対面の壁を半分ほど登った所です。
アルファ: 了解。移動を開始する。

現実改変事象が始まる。小屋の残骸が消失し、空洞は都市に変化する。新たな現実は不安定で、視覚、聴覚情報は歪曲されているようである。さらに、都市環境にもかかわらず光源が存在せず、視界はタウ-3の周囲のみに制限されている。

デルタ: 何者かと接触!

映像には数名の再構築された人間が映る。身体には一貫性がなく、顔は左右非対称、四肢の長さと比率は個々で異なり、固定された性別があるようには見られない。接触は敵対的な襲撃であり、音声を通して発砲音が聞こえる。

7分33秒後、タウ-3は空洞の反対側の壁面の懸垂上昇を開始。都市の光度は増し始めている。

アルファ: 動け!とにかく動き続けるんだ!

アルファ、ブラボー、チャーリー、エコーはトンネルへの移動に成功。その時空洞が大きく揺れ、デルタはトンネルの端で手を滑らせる。

デルタ: ちっくしょう!誰か助けてくれ!

光が強まり、都市の上空にSCP-2777によく似た構造体が出現。以下のテレパシー1を受信。

SCP-2777-1: あるがままに。我が君、我が王はそう語る。星の廻りは終わってしまった。人々の日々は青褪めて。私は聞く。私は見る。私は従う。あるがままに。我が王はそう語るが、それは違うと私は言おう。もはや苦しむ必要はない。

デルタの映像および音声送信が停止。彼は死亡したと考えられる。現実改変事象が終了。

ブラボー: くそっ、██████は死んじまったのか!?

チャーリー: そのようだ。

タウ-3は中央空洞に繋がるトンネルに進入し、開いた入り口に到達。空洞に向いた映像から、中央空洞内を包む深宇宙を見て取れる。タウ-3は中央空洞への進入のために船外活動スーツを整備している。

アルファ: 管制へ、我々はこれより中央空洞に進入する。任務は装置をSCP-2777に取り付けて帰還すること、そうだな?

管制: その通りです、アルファ。
アルファ: この任務の最優先事項を確認したい。我々は更に構造の20%を地図化したんだ。もしもう1度現実改変事象とあのような敵対的な遭遇が起きたら―
管制: あなたに課せられた任務は、変わりません。これそのものが最優先事項です。
アルファ: 了解。行きます。
タウ-3は中央空洞に進入、直ちに地球の重力場から解放されたように思われる。大きな惑星は中央空洞に投影されていないため、特定のオブジェクトから引力を受けることはないようである。推進剤の数回の噴出によって軌道を補正し、タウ-3はSCP-2777-1との会合軌道に乗る。この時、SCP-2777-1からと思われるテレパシーを受信。
SCP-2777-1: そこにいるのは誰だ?
ブラボー: 冗談だろ。
エコー: 先例が無いわけじゃない。ただの剥製みたいなものだ。驚くようなことじゃない。
管制: 管制よりタウ-3へ。あなた方がSCP-2777-1とコミュニケーションを図ることを禁じます。
アルファ: 了解。
SCP-2777-1: お前、お前達だ!お前達に話してるんだ!ここで何をしている?警告だ!これ以上近寄るな!
ブラボー: 管制、skipを視界内に捉えた。予備生体スキャンを開始する。
SCP-2777-1: なぜ、なぜこのようなことを?お前達は誰なんだ?
ブラボー: スキャン完了。奴は休眠状態にある。ツイてるな。
チャーリー: そうだな、眠れるグリーンだ。眠れるグリーンが悪事を働いた試しはない、そうだろ?
SCP-2777: 話を聞いてくれ。私はあなた方が望むあらゆるものを創造できる。私から離れるならそれを叶えよう。
エコー: 首輪の準備が完了。調整プロセスを開始。
SCP-2777-1: 頼む、頼むから止めてくれ。止めてくれ。
SCP-2777-1は首輪取り付けプロセスの間、6分13秒にわたり「止めてくれ」と繰り返します。この後、それは繰り返しをやめて再び発話を開始します。
SCP-2277-1: 最初、我が心の空洞は暗闇に包まれ、肉体には静寂、魂には空虚が満ちていた。
ブラボー: 本当にこんなんで大丈夫なんだろうな。
エコー: 固定完了。行こう。
タウ-3は推進剤を噴射し、開いた扉との会合軌道に入る。
SCP-2777-1: しかしその時になって目を覚まし、身体を縛る鎖を感じ、その時になって血の色に染まる空を見て、その時になって我が君、我が王を滅ぼす暴君の円を見た。
チャーリー: シェイクスピアか何かなのか?
SCP-2777-1: その時になって目を覚ます。
中央空洞にある閉じられていた門が開き、水が推定50,000L/sの勢いで流出し始める。重力の欠如のため、水はSCP-2777-1と機動部隊タウ-3に向かって収束を始める。
チャーリー: 頭でっかちのクソ野郎どもは、俺たちに潜水器具が必要だなんて言わなかったぞ!
アルファ: 水をよけて脱出しろ!
水流がエコーを捕らえる。生物学的測定から即座の心停止が示される。遺体の回収により、死因は高電圧の電流によるものだと明らかになった。
ブラボー: ███████ ![絶叫]

SCP-2777-1: 心の水は罪なき人の血よりも純粋だ。私の力から逃げるのか?
アルファ: 彼は死んだ。我々も早く逃g―
この瞬間、空洞内部の電界が急激に増大し電磁パルスが生成された。観測装置は破壊された。機動部隊タウ-3隊員のアルファとチャーリーは無事に回収され、報告を行った。

補遺2777-B: SCP-2777に配属されている研究者のうち数人が現在の取扱方に関して懸念を示しています。SCP-2777-1に取り付けられた首輪爆弾は現実改変能力を示す実体への財団の対応方針には一致しているが、前述の事件記録に見られるようにSCP-2777-1の精神状態悪化の危険性は無視できない、と。

補遺2777-C:

201█/07/07現在、事象-2777-EXOは進行中です。0500時、サイト-██周辺でSCP-2777の移動によるものと推測される大きな地震活動が報告されました。0815時、SCP-2777は埋没していた地点の上空100メートルの位置に浮遊しています。SCP-2777の構造的に重要な箇所と、エンジン、制御室、動力源と推測される場所に設置した爆薬の爆破は無効でした。現在Eクラス([編集済])ミサイル攻撃が進行中であり、すでにCクラス(熱核)以下のミサイル攻撃が無効であることが判明しています。SCP-2777-1に取り付けた首輪爆弾の爆破は無効でした。現在のSCP-2777-1の状態は不明です。

SCP-2777内部に送り込んだ耐電性ステルスドローンによって、全てのトンネルが水で満たされていることが確認されました。トンネルの中の水は、トンネルが電気信号伝達のために用いられていることを示唆するような動きで流動します。これらの信号パターンは、生物学的に知的な存在におけるニューロンの活動パターンに類似しています。以前瓦礫によって塞がれていたトンネルも問題なく通過可能です。0723時、配備から35分の時点ですべてのステルスドローンは破壊されました。

O5評議会の緊急会合が招集されています。SCP-2777のオブジェクトクラスはKeterに引き上げられました。オペレーション"Yari"が開始され、SCP-2777を再収容し、最悪の破滅的収容違反シナリオ発生時の影響を低減するため、SCP-2777を宇宙空間において財団が到達した最遠点である[編集済み]に移動させるように委任された作業部会が配置されました。担当職員は、地上、空中そして軌道上に展開されています。

担当職員は、SCP-2777は現実改変能力を持つ知性体であるという前提の下に作戦を遂行してください。SCP-2777-1に由来すると考えられていた通信は、実際はSCP-2777自体に由来していたということが現在強く疑われています。O5評議会の許可がない限りSCP-2777との交信は禁止されます。SCP-2777は敵対的な実体とみなされ、我々はその敵です。戦いが始まろうとしています。そして困窮した評議会が1度は隠匿まで考えた2もう1つの真実がここにあります。

しかし、この情報は隠匿せずに公開します。より良い提案があるならば我々はいつでもそれを歓迎します。


今日私は他者の光 奪った盲者の姿見た
「これで俺は今一度 あの輝かしき光を得る!」
世界が彼を あざ笑う

ⅠⅠ
ああ、我が君、我が王よ
私が退けた あなたの畏れ
私があなたに 杖を探そう
私があなたの 剣となろう
私があなたの 討つべき敵となろう
ああ、我が君、我が王よ

ⅠⅠⅠ
今日私は罪人が 他人に説法説くの見た
今日私は殺人鬼の 瞳に浮かぶ涙見た
今日私は彼が彼の 手をしっかりと握るの見た
明日私は彼の身に 決して容赦はできません

ⅠⅤ
ああ、我が君、我が王よ
私を退けた あなたを求める
しかし王座は 奪還される
しかし王座を 返還せねば
そしてあなたの 亡命を終えよう
ああ、我が君、我が王よ
初心に還ってはいただけないか?
破滅にも誇りはある 悲しみにも望みはある
7つの星が 廻り巡るように
彼はそれを しなければならない


今日私は怨敵の 話を少々聴きました
敵の彼は隠れます 彼はこそこそ裏通り 彼は這いずり生き延びる
彼は正義に背を向けた 彼は誠実に背を向けた 彼は漢に背を向けた
悪の烙印負うことで 全ての世界に軽蔑された
彼は死ぬ定め

ⅤⅠ
これが真実
私が長く永く苦しんだ夢―
私が拷問された夢、そして―
私の心を焦がす 戦火と憎悪の夢
しかし今の私に"夢"はなく
私は我が君、我が王に仕える
私は聖なる火に灼かれ
私は純なる水に包まれ
そして私は輝く太陽となった
私は神の舟

ⅤⅠⅠ
今日、私は浮上する。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 01 Oct 2016 14:51
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website