nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-307-JP 無重力下で死んだ象
SafeSCP-307-JP 無重力下で死んだ象Rate: 20
SCP-307-JP
評価: +13+x
image

発見当初のSCP-307-JP。戦術対策班-丙505“唐紅”隊員により撮影されました。

アイテム番号: SCP-307-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-307-JPはサイト-8119の大型耐圧収容室-“青蕣(あおあさがお)”に収容し、監視カメラによる24時間の遠隔監視を行います。“青蕣”は2種類の要素で構成されています; オブジェクト本体を収容している15m×15m×15mの気密収容セル(A-1)と、その唯一の出入口として設計されたエアロック区画(A-2)。A-1での活動を行う全ての作業人員は財団の宇宙船外活動(EVA)標準訓練を受けた上で、A-2に配備されている生命維持装置付き気密服を着用し、正常な動作が可能かを毎回点検することが義務付けられています。作業中SCP-307-JP-1が発生した際の全ての無線記録は保存されます。関連文書FL-668“アウターヘッジ・プロトコル”を参照してください。

説明: SCP-307-JPは哺乳綱ゾウ目ゾウ科に分類される、異常性のない一般的なアフリカサバンナゾウ(Loxodonta africana africana)の死体です。発見当初から現在までの間、対象が組織の腐敗および劣化の兆候を示したことはありません。対象の表皮から3m以内の空間は、無重力とほぼ完全な真空状態を示します。範囲内に存在する全ての物体はこの異常性質の影響を受け空中に浮遊し始め、適切な措置を取らない場合、被験者は即座に呼吸困難に陥ります。この効果はオブジェクトが範囲外へ取り除かれた場合に消失し、通常の重力と気圧を即座に回復します。

SCP-307-JP-1はオブジェクトが持つテレパシー能力とその結果であると考えられています。SCP-307-JP-1は大抵の場合、Red Bis1の楽曲『Z.O.C.』の非常に劣化した音声の連続という形で、オブジェクトの超常効果範囲内に存在する通信機器に不明な手段により拾得されます。非常に稀な周期で、反復歌唱は“魔法使いの男(Witchman)”に関する支離滅裂で整合性のない替え歌、或いは絶叫へと変化します(資料-MD10682参照)。

発見経緯: 1995/06/12、SCP-307-JPは佐々峰市に拠点を置く企業████████に対して行われた、サイト-8119戦術対策班による強行制圧に於いて発見、回収されました。関係者に対する尋問と聴取の結果、████████は当該異常実体を埜木商会を名乗る組織から購入し、他の顧客へと転売する事で利益を上げようとしていた事、オブジェクトの起源を含む具体的な情報は持ち得ていない事などが判明しました。9日後、日本国内に存在する超常アイテム取引市場に関する更なる情報を引き出すため、████████中核社員の身柄はサイト-8119からサイト-8100の財団日本支部理事会-保安調査局へと移譲されました。

[英語から日本語に翻訳しています]

1997/01/21: 鳴き声が聴こえる(You can hear cries)。サバンナのド真ん中でにわかに湧き立つクソッタレどもの咆哮、クレーンっ鼻をブラブラさせて間抜けな我が物顔で行進しやがる質量的木偶の坊の群れ。バカみてえ(Stupid)、バカみてえ。バカみてえ。草木が潰れて、花も潰れて、バカっ鼻にブチ切れちまうぜ。イェイ(Yay)!

1998/07/07: いつも思う、いつも思うんだ、あの連中は自分らのどデカい足でドシンと地面を震わせなんかして、一体何を伝えようとしているんだろうって。メッセージ性は音楽には重要、大手を振って考えて、だが結局俺には判らず終い。何もしないで1日が終わっちまうぜ。あー、あー、なんてったって今の俺は宇宙飛行士象さん(Astronaut Elephant)。或いは果たしてクソッタレ象さん(Asshole Elephant)。笑えてくるね。ハハハハハハ![笑い声] 全然笑えねー。

1998/12/28: 自分の事は自分が一番よく知ってるなんて云う野郎に限ってロクなのはいねえんだ、本当にいねえ。ああ、そうとも。これはマジ。自己申告すら疑わしいとは酷い世の中、魔法使い先生(Dr. wizard)も嘆いてたぜ。魔法使い先生。先生そうだよ先生だよお、先生、大先生様、先せええええええい(Doctooooooor)。この見張り野郎(Watchman)のカマ魔女野郎(Witchman)、さっさと俺を戻せ俺を戻せっつってんだよこの[以下罵倒、編集済]!

2003/04/01: そういや俺はアンタからいつも逃げてばかりだったな。への字口を更に折り曲げて笑う薄気味悪いアンタの顔、いつもモルグ(死体安置所)でボンヤリ眺めるアンタの背中が怖くて、怖くて怖くて、逃げに逃げて、捕まって、そんで、このザマ、我が人生。魔法使いの弟子に有るまじき行為。有るまじき罰。笑えてくるね。[沈黙] 全然笑えねー。

2004/10/11: “逃げてばかりの人生に終止符を(Put an end to my life of only escape)”。アンタは云う、確かに正しいかもしれないが、それはアンタが強いからだ。アンタがメチャクチャに強いから、その他大多数の連中が小便垂らして恐れ慄く気持ちが分からねえ。踏み付けられる蟻の気持ちが分からねえ象みたいに。だからアンタは永久に、何処までも何時までも一人ぼっち。そんな旅。それはすげえ悲しい事だと思う。

20██/██/██: 俺はもう、こんなだけども、アンタはまだどっかをほっつき歩いてんのかい。さあ、知らね。もうこんなに長い時間、俺はアンタに宙ぶらりんにされてんだから。首輪がキツくて堪らんぜ。見つけ出せたら教えてくれよ。そん時は一緒に酒でも呑もう。それまで此処で待ってるぜ。

ページリビジョン: 4, 最終更新日時: 16 May 2015 00:24
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website