nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-322-JP 斬徹剣
SafeSCP-322-JP 斬徹剣Rate: 6
SCP-322-JP
評価: +4+x
zantetuken.jpg

収容前のSCP-322-JP。

アイテム番号: SCP-322-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-322-JPは、サイト-81██特殊武器保管庫の標準鍵付きロッカーに保管されており、実験以外の用途での持ち出しは禁止されています。保管の際、付属の鞘からは決して抜かないようにしてください。

説明: SCP-322-JPは、██年、刀工██により鍛造されたと思われる一振りの日本刀です。エージェント██がプライベートにおいて古物商から購入後、居合の鍛錬に用いたところ異常性が発見されました。

SCP-322-JPには「刃が触れた人間が持つこだわり」、あるいは「刃が触れた物体が持つ一般的な観念」を消失させる効果があります。この特異性はSCP-322-JPの刀身が攻撃対象から完全に離脱した際にのみ発現することが判明しています。SCP-322-JPが持つ「こだわり」及び「一般的」の選考基準は不明ですが、攻撃対象が人間であればその時点で固執している観念を、対象が生物や無生物の場合は本来有する用途にあたる観念を斬る傾向にあるようです。また、斬りかかった際、刀身は攻撃対象を透過して振り抜けます。この原理も選考基準と同様に一切不明ですが、これにより攻撃対象に対して物理的な損傷は与えられないことが判明しています。

同時に発見された鞘にのみこの作用が働かないことが確認されていますが、一般的な鞘と同様に素材は朴の木であり分析においても特異性は認められていません。

その性質を解明するため、様々な対象、物品に刃を当てた場合の実験を行いました。

SCP-322-JP実験記録
記録者は█博士。実験そのものは研究員が行った。

実験対象: 充分に熟れた西瓜1つ
確認日時: 20██/██/██
結果: 居合経験者であるエージェント██に依頼。SCP-322-JPにて斬りかかる。と同時に西瓜を設置していた三つ足を持つ木製の台に刀身が接触し、台は即座に分解、足と分割された。台という観念が消失した模様。斬られた西瓜は可食部位が全て皮と同様のものに変質していた。食物という観念が消失したと推測。
考察: 流石にこれを美味しくはいただけない。

実験対象: 居合の訓練に用いられる藁束
確認日時: 20██/██/██
結果: 居合経験者であるエージェント██に依頼。SCP-322-JPにて斬りかかる。振り抜いたものの、藁束に変化は見られない。触れてみると異様にその硬度が増していることが確認された。硬度から鑑みるに、通常の日本刀での切断は不可能と見られる。
考察: 斬られるもの、という認識が消失し、斬れないものになった、ということかもしれんな。

実験対象: 上記の実験に用いられた藁束
確認日時: 20██/██/██
結果: 上同。SCP-322-JPにて斬りかかる。振り抜いたが、藁束に変化は見られない。触れてみると、硬度が実験当初の状態に戻っていることが判明した。
考察: 元に戻せると言うよりは、斬撃対象に対してその時抱いているイメージが消失する、という方が正しいようだ。

実験対象: SCP-322-JPを納刀していた鞘
確認日時: 20██/██/██
結果: ██研究員が担当。刃を半ばまで抜刀した状態で上下させ、鞘に接触させる。鞘に変化は見られず、また刀身が鞘から振り抜かれることもなかった。
考察: そうでなければ困るが、これ自体は普通の鞘と何が違うのだろうな。

実験対象: 実験用ラット1匹
確認日時: 20██/██/██
結果: ██研究員が担当。SCP-322-JPをゆっくり下ろし、刃をラットに接触させる。ラットは刃が触れた瞬間、ゴールデンハムスターに変化した。このゴールデンハムスターに異常性は確認されなかった。
考察: ラットではない……から、ハムスターになったのか? もう一度斬ったらどうなるんだろうな、これ。

実験対象: D-322-JP-1
確認日時: 20██/██/██
結果: ██研究員が担当。実験に参加したDクラス職員は反抗的で、実験の前に他のDクラス職員に対して暴力的行動を取っていた。刃が接触後、拘束中の反抗や発言はなくなったが、異常なほど挙動不審に陥り、極端な怯えを見せるようになった。D-322-JP-1は[編集済]の実験にて終了済。
考察: D-322-JP-1の根幹を奪ってしまったのかもしれない。暴力へのこだわりをなくせば、彼には恐れしかなかったということなのだろうか。

実験対象: D-322-JP-2
確認日時: 20██/██/██
結果: 食にこだわりを持つと自称するDクラス職員本人が担当。SCP-322-JPで一度だけ自傷行為を行うように指示。嫌々ながら実行したが、実験直後にこれといった変化は見られなかった。その後食堂にてインタビューを行ったが、食事に対しては何の感慨も抱いていないとの返答。自身が食にこだわりを持っていたことなど覚えてもいない様子だった。
考察: 可哀想なことをしたかもしれん。恐らく、もう一度斬ったところで元には戻るまい。

実験対象: D-322-JP-3
確認日時: 20██/██/██
結果: Dクラス職員本人が担当。SCP-322-JPで一度だけ自傷行為を行うように指示。実験当初は拒否する姿勢を示していたが、指定した部位を軽く切ると透過することに驚きを覚え、指示を無視し何度となく往復を繰り返す。その内に突然SCP-322-JPを取り落すと、実験室内壁に向かい走り出し頭部を壁面に叩き付け始めた。D-322-JP-3は制止する間もなく頭部を割り死亡した。
考察: 何が何度消失したのかはわからんが、最終的に生へ対するこだわりが消失してしまったのだろうか。

実験対象: サイト-81内██一部、床部
確認日時: 20██/██/██
結果: 前述の試験後、Dクラス職員が取り落とした刀が床に刺さり、鍔で止まった。それを研究員が抜いたところ実験室から地続きになっている全ての床が瞬間的に液化。コンクリート、及びリノリウムの油分と固形分が分離したと見られる。これにより小規模の収容違反が発生した。
考察: 勘弁してくれ。この補修と清掃に幾らかかると思ってるんだ。

注意: もし床や壁等にSCP-322-JPを刺してしまった場合、刺さった周囲の隣接部を破壊してSCP-322-JPごと曝露部位を抜き取り、それからSCP-322-JPを除去してください。

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 28 Feb 2015 08:09
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website