nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-417-JP 足跡
SafeSCP-417-JP 足跡Rate: 14
SCP-417-JP
評価: +13+x
%E9%9D%A9%E9%9D%B4.jpg

SCP-417-JP本体。

アイテム番号: SCP-417-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-417-JPは定期的に清拭され、乾燥剤と共に通気性の良いケース内に保管されます。収容場所は、サイト-8181の安全保障ロッカーです。担当保安員は、無許可の者がSCP-417-JPを持ち出した場合、非致死性の武器を使用する事が出来ます。

現在SCP-417-JPを使用した実験は中止され、通常の記録調査によるその製造起源の解明に焦点が当てられています。

説明: SCP-417-JPは1対の古い革靴に見えます。履くと、歯車が動く様な”かちかちとした”感触を得られますが、内部には如何なる特殊な構造も見られません。SCP-417-JPは人間が着用し、3分経過した時、ランダムに選ばれた「着用者の直系の先祖1名」が、その存在する時間軸の中で、現在着用者が居る地点まで何らかの手段を持って移動します。移動は一般的、超常的手段をを含みます。着用者は周囲を捜索する事でその先祖の痕跡を発見するでしょう。財団収容以前、芸術品として所有していた██████████氏が、仕事柄頻繁に海外へ出向する際に戯れに着用していた事が分かっています。結果、氏は旅先で自身の祖先とされる多数の痕跡と”奇跡的な確率”で巡り合い、その体験をブログに書き綴った事が財団の目に留まりました。SCP-417-JPの入手経路を調査した結果、最終的に製作したと見られる2名のアーティストに行きつきましたが、別件でカナダのコンクール出品後に行方不明となっています。

SCP-417-JPによる歴史改変による影響は、着用者に対して何ら影響を及ぼしていない様に思えます。しかし、「実際に影響が無いか?」という事実を確認する事は出来ず、使用の度に本来の歴史からかけ離れていく危険性は依然として否定されていません。初期の調査実験以降、サイト監督官及び研究主任の意見一致により、SCP-417-JPの使用は禁止となりました。

実験記録(抜粋):

勧告: SCP未指定:異常物体₋008190に対する初期調査の申請が出されてから、既に4か月が経過している。これは基準を超過しており、職務怠慢であると言わざるを得ない。担当する研究チームは決して時間を用意出来なかった訳ではなく、意欲の高い職員ばかりであるにも関わらず、だ。

前述の事実から懸念されるのは、008190の初期収容チームの報告から推測される、時間への影響力が関与した可能性である。即ち、初期調査の方式に問題があり、時間的矛盾が生じ、結果「実験自体が無かった事になっている」という可能性である。この指摘は、松田 僚基博士と紅屋 瓶蔵研究員の2名から受けたものである。SCP未指定:異常物体-008190調査班は、当該オブジェクトの性質を考慮した上で、事前に提示した調査方式を見直し、再度実験計画書を提出して欲しい。 -サイト-81██監督官

実験記録-01:
実験日時: 19██/██/██

実験対象: SCP未指定:異常物体-008190(現・SCP-417-JP)

実験目的: 実験対象の異常特性による時間的矛盾を発生させずに、実験を行いその異常性を記録する。

被験者: D-417009。日本人41歳男性。本人及び先祖の記録は、実験目的によりあえて調査していない。

実験方法: 被験者の地元から遠く離れた3つの地点で、それぞれSCP-417-JPを通常に使用する。

[実験地-01]:日本国内の屋外エリア-██。実験日時の50年前から財団の管理下にあり、来訪者を細かく記録している。

[実験地-02]:日本国内の屋外セクタ-████。実験日時の約140年前から60年前にかけては蒐集院に、それ以降は財団の管理下にあり、その間の詳細な記録が残されている。実験対象と記録の双方を知る職員は実験に参加していない。

[実験地-03]:アマゾン南部██████████族の集落。来訪者に対し友好的な部族である。およそ80年前に発生した超常現象を収容した時から、財団とは緩い協力関係を築いている。部族の人間に対し、実験対象と被験者に対する情報は知らせていない。

結果: D-417009の記憶には影響なし。各実験地において、祖先に当たると考えられる人物の痕跡を発見する事が出来た。

[実験地-01結果]:約30年前、D-417009の父にあたる男性が偶然にも来訪し、記憶処置を施して帰された事が記録されている。

[実験地-02結果]:約90年前、D-417009の曾祖母にあたる女性が、友人と遊ぶ際にはぐれ偶然迷いこんだとして記録されている。実験地までの移動手段は解明されていない。

[実験地-03結果]:時代不明。当時の族長は、かつて自身の祖父から「D-417009とは似ていないものの、同じ人種と思われる若い男性が”鳥と共にやって来て、カヌーに乗って帰って行った”という話を聞いていた」事を思い出したと主張した。この”鳥”について、明確に飛行機である事を否定している。また、その男性が残した物とされる男根像を調査員に見せた。男根像は、D-417009の出生地に伝わる厄除けに類似している。

注記: 実験の結果は、このオブジェクトが十分に歴史に対して打撃を与え得る事を示している。本人に話を聞く事はもう出来ないが、一人の人生を変えかねないばかりか、異常現象の漏えいにさえ繋がるかもしれない。適切な環境下での実験だからこそ、この平穏な結果に終わったのだ。 - 松田博士


事案記録-417-A01:
事案内容: D-113076(日本人25歳女性)が警備員の隙をついて脱走し、SCP-417-JPを入手しました。D-113076は当該オブジェクトを”手頃な靴”として着用した後逃げ回り、異常現象発生までの3分間に再収容する事が出来ませんでした。事案発生17分後、D-113076は終了されました。

事案発生地点: 日本国内のサイト-8181。

事案後の対応: SCP-417-JPによる歴史改変の痕跡を探し、関連すると見られる物体を見つける事が出来ました。しかし同時に、サイト-8181から遠く離れた█にある財団施設から、D-113076の関連していると思われる物体の情報が提供されました。何故この2つの場所に記録があるのかは判明していません。現在、現地ではない離れた場所から痕跡が発見されたケースは、この事案のみです。

提供された情報:

[サイト-8181情報]:以前から収容されていた、ヒトに類似した特徴を持つ深海生物。サイト付近の海底で発見されたオブジェクトである。D-113076と、ミトコンドリアDNAが一致する。

[エリア-81██情報]:エリア-81██に施設建造を行う際に発見された、推定90才前後の女性の全身骨格。腰部にヘルニアを患っていると見られる。身分の高い人物であったと見られ、発見当時周囲からは割れた器・壊れた貴金属製の簪が同様に回収されている。D-113076とミトコンドリアDNAが一致する。

ページリビジョン: 12, 最終更新日時: 09 Dec 2014 12:36
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website