nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-5009 キャッチ22
EuclidSCP-5009 キャッチ22Rate: 75
SCP-5009

日付: 2018-02-01
差出人: [監督者のアカウント:確認済み]
宛先: 全員
件名: なし

最初にこの文章を読む必要はないと言っておこう。

このメッセージを閉じれば、このメッセージの内容を忘れさせるための記憶処理トリガーが表示される。自分の生活に戻れ。無知で幸せなまま、友人や家族の元へ戻るんだ。

けれど、友人も家族もいない者は?自分が選んだ道ではそのような生活は不可能だと分かっている者は?暗闇の中に生きるために人生を捧げてきた者は?

君はこれを見るべきだ。

君には説明が必要だ。これは、財団の存在理由を知りたい人のためのものだ。なぜ私たちは確保し、収容し、保護するのか。なぜ私たちは世界の残りの部分が光の中で生きることができるように暗闇の中で死んで行かねばならないのか。

そして、それは君にとっては思いもよらないものだろう。

5000

SCP-5009、1897年

アイテム番号: SCP-5009

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-5009の周囲に半径0.5kmの円形の境界線が確立されました。

説明: SCP-5009は、以前は財団のサイト-00と指定されていた米国カリフォルニア州マリン郡にある工業団地です。SCP-5009は、半径約50mの範囲でインドラ1-クラスの反ミーム作用を示します。この作用はSCP-5009に近づくに連れ強度が増し、SCP-5009内部の観察ができなくなります。

SCP-5009は、管理者が発注した最初の財団施設でした。しかし、完全に運用されることはありませんでした。記録によると、それは1898年12月1日に完成し、その時点でその異常な性質が明らかになったようです。

SCP-5009の建設が終了した日付は、管理者の失踪のおおよその時期とほぼ一致していると記されています。

脚注

1.カーソン F、サンチェス R著2018,「予備的な反ミーム分類システムの考案 」、財団科学出版、vol.42から「すなわち、インドラクラスの反ミームは、量子レベルでの宇宙の情報基質とのゼロに近い離散的相互作用により定義される。異常の宇宙との相互作用に関する情報は、外部のシステムでは知覚できない。一般に典型的な反ミームと考えられている。」も参照。

5000

SCP-5009、1897年

アイテム番号: SCP-5009

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-5009の周囲に半径0.5kmの円形の境界線が確立されました。

SCP-5009が表す情報構成体は、メトカーフ・バーキ逆行画像化を受けるように選択されています。実験は隔週で実施されます。

説明: SCP-5009は、米国カリフォルニア州マリン郡にある、以前は財団のサイト-00と指定されていた工業団地です。SCP-5009は、半径約50mの範囲でブラフマー1-クラスの反ミーム作用を示します。この作用はSCP-5009に近づくに連れ強度が増し、結果的にSCP-5009内部の観測が不可能となります。

SCP-5009は、管理者が発注した最初の財団施設でした。しかし、完全に運用されることはありませんでした。記録によると、それは1898年12月1日に完成し、その時点でその異常な性質が明らかになったようです。

SCP-5009の建設が終了した日付は、管理者の失踪のおおよその時期とほぼ一致していると記されています。

補遺5009-1:メトカーフ・バーキ逆行画像化は、従来の神経科学によって実証されている最近開発されたプロセスです。

動物における長期記憶の強化は、中枢神経系(CNS)の微視的構造変化によって促進されることが、従来の科学によって証明されています。2メトカーフ・バーキ逆行画像化は、これらの構造変化から生物の記憶から情報を推定し、次にファウンデーションニューラルネットワークI/O-BOREALISによる統計解析の対象とし、その内容の要約を取得します。これにより、特定の反ミーム的異常を間接的に観察することが可能になります.

脚注

1.カーソン F、サンチェス R著2018,「予備的な反ミーム分類システムの考案 」財団科学出版、vol.42から「ブラフマー型の反ミームは表面的にはインドラ型の反ミームと似ているように見えるが、宇宙の情報基質に対して正味の正の寄与を示している。しかし、これらの相互作用は通常潜在的であり、情報構造から検索することはできない。しかし、この情報の検索は、適切なエンティティのメモリバンクからの外挿により可能であるという証拠が存在する。」も参照。

2.ベイリー CH,チェン M1983,「アプリーシアにおける長期馴化と感作の形態学的基礎 」Scienceを参照

メトカーフ・バーキテストログ

日付: 2019-01-21

対象: SCP-5009

被験者: 一匹のファンシーラット(Rattus norvegicus domestica) 、オス、生後六ケ月

方法:被験者は10分間SCP-5009に放されました。

結果:

金属 (89%の確実性)

タイムスタンプ: 2019-01-21 (92%の確実性)

I/O-BOREALISの出力は、ラットが主にひげからの触覚で周囲を確認するという事実により、1つの変数に制限されていました。将来の被験者の選択は、視力および記憶力の程度に影響されます。

メトカーフ・バーキテストログ

日付: 2019-01-21

対象: SCP-5009

被験者: 一匹のハイイロホシガラス (Nucifraga columbiana)、メス、10歳

方法: 被験者は10分間SCP-5009に放されました。

結果:

部屋 (99%の確実性)
金属 (96%の確実性)
(99%の確実性)
(98%の確実性)
午後 (97%の確実性)
ホコリ (97%の確実性)
蜘蛛 (97%の確実性)
アリ (96%の確実性)
蜘蛛の巣 (95%の確実性)

タイムスタンプ: 2019-01-21 (98%の確実性)

このテストに続いて、人間に対するメトカーフ・バーキ手順の使用は、倫理委員会によって承認されました。

メトカーフ・バーキテストログ

日付: 2019-01-30

対象: SCP-5009

被験者: D-506022、白人男性、25歳

方法: 被験者は10分間SCP-5009に放されました。

結果:

部屋 (95%の確実性)。
金属 (93%の確実性)
(88%の確実性)。
(76%の確実性)。
午後 (72%の確実性)。

タイムスタンプ: 2019-01-30 (89%の確実性)

この試行の成功に続いて、メトカーフ・バーキプロセスは、以前の学習に基づいて特定の刺激に対する親密度を測定する値である親密度係数ξを追加してアップグレードされました。 親密度係数は完全になじみのない刺激の場合は0で、正常に記憶が定着するごとに1ずつ増加します。

メトカーフ・バーキテストログ

日付: 2019-02-01

対象: SCP-5009

被験者: 一匹のファンシーラット(Rattus norvegicus domestica) 、オス、生後六ケ月

方法: 被験者は10分間SCP-5009に放されました。

結果:
タイムスタンプ: 2019-02-01

金属 (89%の確実性)

ξ = 0.722

メトカーフ・バーキテストログ

日付: 2019-02-04

対象: SCP-5009

被験者: 一匹のハイイロホシガラス(Nucifraga columbiana)、メス、10歳

方法: 被験者は10分間SCP-5009に放されました。

結果:
タイムスタンプ: 2019-02-04

部屋 (99%の確実性)
金属 (97%の確実性)
(99%の確実性)
(98%の確実性)
午後 (97%の確実性)
ホコリ (97%の確実性)
蜘蛛 (97%の確実性)
アリ (96%の確実性)
蜘蛛の巣 (95%の確実性)

ξ = 0.899

メトカーフ・バーキテストログ

日付: 2019-02-06

対象: SCP-5009

被験者: D-506022、男性、25歳

方法: 被験者は10分間SCP-5009に放されました。

結果:
タイムスタンプ: 2019-02-06

部屋 (95%の確実性)
金属 (94%の確実性)
(88%の確実性)
(76%の確実性)
午後 (72%の確実性)

ξ = 2.000

2月6日の試験の結果に続いて、SCP-5009に対し追加のメトカーフ・バーキ試験が指示されました。

2019年2月7日に、D-922358、D-704734、およびD-104155をSCP-5009の内部に曝露し、その後反ミームに対するメトカーフ・バーキのξ値についてテストしました。

2019年2月8日に、この現象がDクラスに限定されているかどうかを確認するために、意欲的な非Dクラスの職員を対象に同様の試験が実施されました。サニア・スヤードエワ副研究員、ジョセフ・ルッソ上級研究員、アルフレッド・ロペス・デ・ラ・フエンテス機動部隊長がボランティアで参加し、SCP-5009の内部に曝露した後、反ミームに対するメトカーフ・バーキのξ値の検査を行いました。

2019年2月9日に、倫理委員会は7票-2票-4票で、この現象が財団の職員に限られているかどうかを確認するために、財団に所属していないSCP-5009に関するメトカーフ・バーキ試験において、志願者ではない被験者の使用を認めました。スンミン・オー、ゾーイ・パウエル、ハイリー・セナイ、およびショーン・ホーキンスが試験に選ばれ、SCP-5009の内部に曝露し、その後、反ミームに対するメトカーフ・バーキのξ値の試験が行われました。

2019年2月10日に、監視司令部は6票-3票-4票で、標準的な財団プロトコルの回避と監督者のSCP-5009への曝露を承認しました。 O5-11は志願し、SCP-5009の内部に曝露し、その後、反ミームに対するメトカーフ・バーキのξ値についてテストされました。

結果は次の通りでした。:
被験者 ξ値
D-922358 1.000
D-704734 1.000
D-104155 1.000
サニヤ・スヤードエワ 1.000
ジョセフ・ルッソ 1.000
アルフレッド・ロペス・デ・ラ・フエンテス 1.000
スンミン・オー 0.000
ゾーイ・パウエル 0.000
ハイリー・セナイ 0.000
ショーン・ホーキンス 0.000
O5-11 1.000

SCP-5009に精通している財団関係者全員において、彼らの反ミームに対するメトカーフ・バーキのξ値の分析により、財団での雇用の前に最初の曝露が行われていたことが明らかになりました。

以下の文章はSCP-5009に関連するとみなされています。

財団雇用記録:

名前: マーカス

ミドルイニシャル: Y

苗字: ラロッシュ

分類: Dクラス

識別番号: D-506022

性別: M

出生日: 1994-06-24

雇用日: 2019-01-10

2017年4月10日に、D-506022は、オハイオ州マシロンで21歳のリリー・ウォーカーをレイプおよび殺害したとされています。

2017年9月25日に、D-506022は有罪となり、死刑判決を受けました。

2018年1月10日に、D-506022はオハイオ州立刑務所での募集業務の後、Dクラス職員として財団に入団しました。

財団雇用記録:

名前: サニヤ

ミドルイニシャル: P

苗字: スヤードエワ

分類: レベル3研究者

識別番号: C-601891

性別: F

出生日: 1991-06-24

雇用日: 2010-06-03

2006年5月15日に、スヤードエワ博士は大学院生としてマサチューセッツ工科大学に入学することを選択し、スタンフォード大学とジョンズホプキンス大学からの受け入れを拒否しました。

2010年5月29日に、スヤードエワ博士はマサチューセッツ工科大学を卒業し、生物工学の博士号を取得しました。

2010年6月3日に、ボストン大都市圏での財団による大規模隠蔽作戦を必要としたサイト-115での大規模な収容違反の後、スヤードエワ博士は財団に雇用されました。

財団雇用記録

名前: アルフレッド

ミドルイニシャル: L

苗字: デ・ラ・フェンテス

分類: 機動部隊長

識別番号: B-106369

性別: M

出生日: 1963-09-10

雇用日: 1998-01-03

1997年12月1日に、デ・ラ・フェンテスは4週間前にステージ4の脳がんと診断されていた疎遠な母親と再会するために、カリフォルニア州ベーカーズフィールドに運転を始めました。

1997年12月3日に、デ・ラ・フェンテスは、母親が12:53 PSTに亡くなった直後にベーカーズフィールドに到着しました。

1997年12月10日に、デ・ラ・フェンテスは、病院のCCTVで母親の死の際にSCP-4999が出現した事を目撃した後、財団の雇用要請に同意しました。

財団雇用記録:

名前: [不明]

ミドルイニシャル: [不明]

苗字: [不明]

分類: 監督者

識別番号: O5-11

性別: [不明]

出生日: [不明]

雇用日: 1980-08-03

[O5-11の権限で削除されたデータ]

scp

catch_22.jpg

アイテム番号: SCP-5009

オブジェクトクラス: Archon

特別収容プロトコル: SCP-5009の周囲に半径0.5kmの円形の境界線が確立されました。SCP-5009への隔週の遠征は、SCP-5009-Aの状態を監視するために行われます。

SCP-5009-Δは本質的に収容できません。

説明: SCP-5009は、アメリカ合衆国カリフォルニア州マリン郡にある財団サイト-00と呼ばれていた工業団地です。 SCP-5009は、半径約50m以内でヴェーダス1-クラスの反ミーム効果を示します。この効果はSCP-5009に近づくに連れ強度が増加します。 これにより、最終的にSCP-5009の内部の観察が不可能になります。

SCP-5009は、管理者によって発注された最初の財団施設です。 ただし、完全に運用されることはありませんでした。 記録によると、それは1898年12月1日に完成し、その時点で異常な特性が現れたようです。

SCP-5009の建設が終了した日付は、管理者が失踪したおよその時期とほぼ一致していると記録されています。

5009-イシュバライベントは、SCP-5009の内部で因果関係が発生する瞬間です。 SCP-5009の反ミーム的性質のため、5009-イシュバライベントに関する情報はほとんど知られていません。 ただし、既知のことは次のことを示しています:

  • 5009-イシュバライベントはいつでもどの個人にも影響を与える可能性があります。
  • 5009-イシュバライベントは、被験者(以降、SCP-5009-1と呼びます)の自発的な消失と、それに続くSCP-5009内への再出現から成ります。
  • 5009-イシュバライベントは、発生後1〜2年以内にSCP-5009-1実例の財団への必然的な雇用をもたらします。

過去、現在、未来の100%の財団職員が5009イシュバライベントを経験した、または経験することが確認されています。

コード名「ターキック・レッド」と呼ばれる記憶補強剤M-48195の合成により、SCP-5009の内部の限定的な探査とその後のSCP-5009-Aの発見が可能になりました。 SCP-5009-Aは長さ約5.6m、幅1.2mの亀裂であり、SCP-5009の中央部屋の床に沿って走っています。 未知の光源から発せられる光が亀裂の底で光り、内部から断続的な金属の金切り音が聞こえます。 SCP-5009-Aに進入したものは回収されていません。

発見以来、SCP-5009-Aのサイズ、SCP-5009-A内から来る光源の明るさ、金属のきしみ音の大きさと周波数はすべて非線形の割合で増加しています。これらのプロセスを遅くしたり逆にしたりする方法は知られていません。

SCP-5009-Δは、SCP財団の存在そのものです。財団の発足と継続的存在に関してSCP-5009が果たした役割を踏まえ、財団は異常存在として分類されなければなりません。

脚注

1。カーソン・F サンチェス R 2018、 「予備的な反ミーム分類システムの考案」、財団科学出版、vol.42から「ミームと反ミームの逆説的なハイブリッドのように、ヴェーダス級の反ミームは、意識的な回想と観察から身を隠しますが、宇宙の情報基盤に大きな影響を及ぼします。従来のミームと同様に、 ホストの行動に極端な影響を与えます。」


補遺5009-1:

メトカーフ・バーキ音声ログ

日付: 2019-02-10

対象: SCP-5009

被験者: SCP-5009内で見つかった未知の保存された遺体

方法: 海馬の残存情報の回復。

結果:

タイムスタンプ: 不明


記録開始

[00:00:00] 被験者: なるほど。

[00:00:03] 被験者は笑う。

[00:00:05] 被験者: 知っての通り、私は自分の心を失っていると思っていた。死に物狂いで働き、世界中を駆け巡り、今までずっと自分に問いかけることを決してしませんでしたなぜ? なぜ私はこんなことをやっているのですか?

[00:00:17] 被験者はため息をつく。

[00:00:22] 被験者: しかし、今私は知っています。 あなたが原因です。あなたはいつもそこにいました。 暗闇に。私の夢の中に。そして今、私たちはお互いに見つめていてまるで雲が浮かんでいるようです。 今ではすべてがはっきりと見えます。 そしてあなたはいつもそこにいた。 耳元でささやきます。 私の動きの一つ一つを計画しています。 操り人形師のように。

[00:00:37] 金属の金切り音。

[00:00:39] 被験者: 確保、収容、保護?そんなものは嘘だ。

[00:00:44] 沈黙。

[00:00:49] 被験者:あなたに会ったのはこれが初めてではない。

[00:00:53] 被験者は叫ぶ。 金属の金切り音が激しくなる。

[00:00:57] 不明: 労働の種を蒔いてくれてありがとう。 収穫を刈りに戻る。

[00:01:05] 被験者は沈黙する。

[00:01:08] 不明: さようなら、管理者。

[00:01:12] コンクリートの割れる音。

記録終了


.
.
.
amnestic

以前、私、����は蝶になる夢を見た。
あちらこちらにひらひらと舞い、どこから見ても本物の蝶だった。
私は蝶としての幸せばかりを知覚し、自分が����であるなどとは気づかなかった。
目が覚めると、私は紛れもなく私に戻っていた。
私は人で、自分が蝶になる夢を見ていたのか、
それとも本当は蝶で、人になる夢を見ているのか、私には分からない。

Logout

page revision: 13, last edited: 28 Jul 2020 12:24
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website